指定管理者制度

最終更新日:令和2年4月26日

指定管理者制度とは

 公(おおやけ)の施設の管理に民間のノウハウを活用して、多様化する市民ニーズに効果的・効率的に対応しながら市民サービスの向上と経費の削減を図ることを目的として、平成15年の地方自治法の改正により新たに創設された制度です。

指定管理者制度の導入方針

 「第3次館山市行財政改革方針(H30.4策定)」に掲げる、民間委託を推進するための選択肢として、引き続き検討していきます。

指定管理者制度 導入状況

No 施設名等 管理運営
施設数
始期 指定期間 指定管理料
(千円)
指定管理者
1  市営弓道場
 市営弓道遠的射場
2 H19.10 H27.10~R2.9(5年) 館山市弓道会
2  元気な広場 1 H21.4 H31.4~R6.3(5年) 96,000 生活協同組合
コープみらい
3  市営プール施設
 ・老人福祉センター

 (25ⅿ温水・50ⅿ、湊・出野尾)
4 H31.4 H31.4~R6.3(5年) 170,000 NPO法人
つくばアクアライフ研究所
4  館山城・城山公園等
 (館山城、都市公園6園)
7 R1.12 R1.12~R6.11(5年) 339,370 株式会社
塚原緑地研究所
このページについてのお問い合わせ
総務部行革財政課行財政改革係 住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3235   ファックス:0470-23-3115
E-mail:gyouzai@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?