子宮頸がんワクチン予防接種の積極的勧奨の差し控えについて

最終更新日:平成27年12月15日

 現在、子宮頸がんワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。接種にあたり、効性と安全性を十分に理解していただいたうえで接種をしてください。 。。

 館山市では、小学6年生から高校1年生に相当する年齢の女性を対象に、子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス感染症)予防ワクチンの接種を実施しております。
 平成25年6月14日、厚生労働省において審議会が開催され、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛みを訴える重篤な副反応(副作用)が報告されていることから、同副反応(副作用)の発生頻度等がより明らかになり、適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧めるべきではないとの意見が示されました。
 
 これを受け、館山市でも当面の間、接種を積極的にはお勧めしないこととしましたのでお知らせします。
 
 なお、子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス感染症)予防ワクチンの定期予防接種自体を中止するものではないため、対象者の方で接種を希望される場合には、引き続きワクチンを接種いただくことができます。接種の際には、ワクチンの有効性と安全性等について十分に理解した上で接種をしてください。ワクチンの有効性及び安全性等の詳細については、厚生労働省のリーフレットをご参照ください。
 
ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)相談窓口

Adobe Reader ダウンロード PDF形式の閲覧には、Adobe Reader(無償)が必要です。 お持ちでない方は、下記ページからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ
健康福祉部健康課予防係
住所:〒294-0045 千葉県館山市北条740-1 館山市コミュニティセンター2階
電話:0470-23-3113   ファックス:0470-22-6560
E-mail:kenkouka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?