古紙類(新聞・雑誌・ダンボール)・飲料用紙パック)

最終更新日:平成27年4月1日

古紙類の種類

●新聞(広告含む)
●雑誌(単行本・週刊誌・カタログなど)
●ダンボール

※次のごみは「燃せるごみ」として出してください。(古紙としてリサイクルできません)
●汚れが落とせない紙
●粘着物のついた紙
●圧着はがき(親展はがき)
●感熱紙(FAX用紙・レシートなど)
●防水加工された紙(紙コップ・ヨーグルト容器など)
●紙以外の素材が貼り合わされた紙
●ティッシュペーパー、トイレットペーパー
●匂いのついた紙(石鹸の包装紙・洗剤容器など)
●細かく裁断された紙

古紙類の出し方

●新聞・雑誌・ダンボールに区分けをして、種類ごとに紐で束ねて出してください。
●新聞は新聞販売店の袋に入れて出すこともできます。
※雨の日でも回収しますが、できるだけ次回の収集日に出してください。

飲料用紙パックの種類

●牛乳・ジュース・コーヒーなどの紙パック

※内側にアルミが張ってあるものは対象になりません。「燃せるごみ」で出してください。

飲料用紙パックの出し方

切り開く⇒軽く水洗いする⇒乾かす⇒透明又は半透明の袋に入れる・紐で束ねる⇒ごみ搬出場所に搬出する。
※注ぎ口がプラスチック製のものなどは、切り取ってください。(切り取ったものは「プラスチック製容器包装」で出してください。
このページについてのお問い合わせ
建設環境部環境課一般廃棄物係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3354   ファックス:0470-23-3116
E-mail:kankyouka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?