~市民運動場で更なる熱中症予防対策~ 熱中症指数計・警戒表示板を設置

最終更新日:令和4年7月21日

  

市民運動場 熱中症予防対策

夏休みを前に、スポーツ利用者のために、市営市民運動場では、更なる熱中症予防対策として、暑さ指数(WBGT)を算出する「熱中症指数計(熱中アラーム)」での計測と市民運動場職員作の「警戒表示板」を設置しました。
 
 
これまで市民運動場では、大型デジタル温湿度計や日陰のオアシス(テント)・ミストシャワー設置使用時間の朝・夕1時間の延長など、使用者のために様々な熱中症予防対策を行う中、今回は、的確な暑さ指数(WBGT)が算出できる「熱中症指数計」設置しました。
(写真:興味深々に表示板を見る,テニス利用者の学生たち)
 
テニスの使用で訪れた学生たちは、「アラームが鳴っていたので、熱中症指数計に気が付き注目しました。大きく警戒表示板を掲示してくれているので、テニスで使用するとき参考にします。」と語っていました。

 
「熱中症を引き起こす条件としてこれまで「気温」だけを重要視していましたが、湿気の多い日本では暑さ指数(WBGT)での算出が熱中症予防に効果的であるため設置しました。使用者は、施設の予約時に、その時々の指数を確認していただき、参考にしてもらいたい。」(担当職員談)
市民運動場では、適宜アナウンスと表示の掲示を更新していきます。

暑さ指数(WBGT)とは?

暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。 単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なります。暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい (1)湿度、 (2)日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、 (3)気温の3つを取り入れた指標です。
グラフの暑さ指数(WBGT)が28℃(厳重警戒)を超えると熱中症患者が増加する傾向にあります。

運動時の対策

スポーツ活動による熱中症は、適切な予防処置により防げるものです。熱中症の発生には、環境の条件、運動の条件、個人のコンディションが関係しており、次のような対策が必要です。

(1)環境条件を把握しておきましょう。
(2) 状況に応じて休憩をとり、水分補給を行いましょう。
(3) 暑さに徐々に慣れる。
(4) 個人の条件や体調を考慮する。
(5) 服装に気をつける。
(6) 具合が悪くなった場合には早めに処置をとる。
(7) 無理な運動はしない。


 

運動に関する指針

環境条件の指標は気温、気流、湿度、輻射熱を合わせた暑さ指数(WBGT)が望ましいですが、気温が比較的低い場合には湿球温度を、気温が比較的高い場合には乾球温度(気温)を参考にしても結構です。まず、環境条件を把握しておきましょう。市民運動場では、熱中症予防のための目安として下表の運動指針を示しています。
また、その時々の暑さ指数(WBGT)を見やすく表示しています。




熱中症アラート(33℃以上)


危険(31℃以上)
 




厳重警戒(28~31℃)


警戒(25~28℃)


注意(21~25℃)


ほぼ安全(21℃未満)



※本HPは、環境省予防情報サイトの情報を参考に作成しています。

Adobe Reader ダウンロード PDF形式の閲覧には、Adobe Reader(無償)が必要です。 お持ちでない方は、下記ページからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ
教育委員会教育部スポーツ課スポーツ施設係 住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3696
FAX:0470-23-3115
E-mail:sportska@city.tateyama.chiba.jp
このページについて
ご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?