高齢者虐待防止

最終更新日:令和元年6月21日

 館山市高齢者虐待防止ネットワーク会議を設置した平成19年度以降、例年10件前後であった虐待通報は一転して増加し、平成27年度には30件に達しました。これは、従来であれば見過ごされてきた被虐待者からのサインを、家族や福祉関係者などの支援者がよく受け止め、行政への相談につなげた結果だと捉えております。おかげさまで、虐待へ発展する前にその芽を摘み取ったり、虐待が深刻化しないうちに重点的な支援を講じたりすることができ、不適切な状況が早期に解消された事例が多数報告されました。
 全国に目を向けますと、平成29年3月に厚生労働省が公表した「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果」において、平成27年度中に全国の市町村に寄せられた虐待通報は28,328件と、前年度と比較して5パーセント以上の増加となったことが示されています。特に、養介護施設従事者等による虐待に関する通報は1,640件に上り、前年度から46パーセントもの増加となっていることからも、高齢者に不利益をもたらす対応をただし、尊厳ある暮らしを守ろうとする機運が全国的に高まっていることがうかがえます。
高齢者虐待に対応するための指針として、平成25年度に初版を上梓した本書も第3版となり、今回は本市に寄せられた事例をもとに、実際的な一連の対応記録をまとめた「高齢者虐待ケースにおける対応の実際」編を追録しました。「地域の中で、すこやかに暮らせる長寿のまち」を謳う本市にあって、日夜尽力しておられる皆様方の一助となれば幸甚です。
 

Adobe Reader ダウンロード PDF形式の閲覧には、Adobe Reader(無償)が必要です。 お持ちでない方は、下記ページからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ
健康福祉部高齢者福祉課高齢者福祉係 住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3487   ファックス:0470-23-3115
E-mail:kourei@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?