(県指定)「洲崎のミノコオドリ」

最終更新日:平成27年9月15日

《千葉県指定 無形民俗文化財》
 洲崎のミノコオドリ(すのさきのみのこおどり)
【県指定】   昭和36(1961)年6月9日指定 平成21(2009)年3月18日名称変更
【所在地】   館山市洲崎
【保護団体】  洲崎区

 毎年、2月の初午と8月20~22日の神社例祭に奉納されます。「みろく踊り」と「かしま踊り」の2種類からなり、地元ではこれらを「みのこ踊り」と呼んでいます。
 踊り手は、基本的には小学生から中学生までの女子が中心ですが、近年は児童の減少から成人の女性が交じっています。オンドトリと呼ばれる1名の太鼓役と2名の歌役が中央に座り、その回りを踊り手たちが円形に取り巻き、太鼓と歌にあわせて踊ります。手に持って舞う採物は、「みろく踊り」では、左にオンベ(長柄の御幣)を肩に担ぎ、右に扇を持ちます。「かしま踊り」では、扇のみを使います。初午の時に使うオンベと例祭のオンベは異なり、初午では、青竹にサカキと五色の幣束をつけたもの、例祭の時には、白い幣束と鏡をつけたものを使用します。このふたつの踊りは、いずれも海の安全を司る鹿島の神に関係しています。「かしま踊り」は、鹿島の神人が一年の豊凶を告げ歩く「事触れ」に由来するもので、悪霊払いを目的としています。一方、「みろく踊り」は、世直しを願う念仏踊りの系譜にあたり、弥勒が遠い海の彼方から訪れ、富や豊作をもたらすという内容になっています。
 「みのこ踊り」は、安房地方南部の館山市洲崎と波左間、南房総市千倉町川口の3カ所に伝わっているほか、関連する芸能が千葉県内にいくつか見られます。「かしま踊り」そのものは、相模湾西岸(神奈川県小田原市から静岡県賀茂郡東伊豆町)にも分布していますが、安房地方の「みのこ踊り」と比べると、歌詞や採物などに共通点がある一方で、相模湾西岸は男性の踊り、安房地方は基本的には女児の踊りと違いがあります。また、相模湾西岸の「かしま踊り」には方形の隊形で演じる場面があるため、踊りに参加する人数に限りがありますが、安房地方の「みのこ踊り」は円形の踊りのみであり、踊りの人数に制限はありません。10人前後の少女が輪になって、大人の歌や太鼓などの演奏に合わせて踊る民俗芸能であることが、洲崎踊りをはじめとする安房地方の「みのこ踊り」の特色といえます。 洲崎のミノコオドリ(平成14年撮影)
洲崎のミノコオドリ(平成14年撮影)
このページについてのお問い合わせ
教育委員会生涯学習課文化財係 住所:〒294-0045 千葉県館山市北条740-1 館山市コミュニティセンター内
電話:0470-22-3698   ファックス:0470-22-6560
E-mail:syougaigaku@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?