(国指定)銅造千手観音立像

最終更新日:平成27年9月16日

《重要文化財(彫刻)》

銅造千手観音立像(どうぞうせんじゅかんのんりゅうぞう)

【市指定】 昭和59年6月6日
【所在地】 館山市那古1125
【所有者】 那古寺
【年    代】 鎌倉時代



  )引き締まった体部の肉取りやにぎやかな衣文の構成などから、作家は鎌倉初期の慶派()に学んだ鎌倉中期の仏師であるとされている。顔は、目、鼻、口を集中させ、頬に張りを持つきびしい表情で、肩先と腹部を強く突き出した体部のつくりから、作家の個性がうかがわれ、13世紀前半に制作された金剛仏の優品である。
 脇手右前列の接合部には、願主のものと思われる「(たいらの)(たね)(とき)」という人名が刻まれている。この人物は、『吾妻()()()()3(1237)年4月19日条から、()()元(1237)年5月14日条にかけて、9回にわたり将軍に供奉()する騎馬の随兵としてその名が見え、鎌倉時代中頃とされる像容とも合致する。東国武士の信仰による、確実な造像例としても貴重である。
このページについてのお問い合わせ
教育委員会生涯学習課文化財係 住所:〒294-0045 千葉県館山市北条740-1 館山市コミュニティセンター内
電話:0470-22-3698   ファックス:0470-22-6560
E-mail:syougaigaku@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?