館山市婦人スポーツクラブ 解散式!48年の歴史に幕。

最終更新日:平成30年3月6日


平成30年3月4日(日)館山市婦人スポーツクラブ解散式が約50名の参加のもと、芳喜楼で開催されました。
館山市婦人スポーツクラブは、昭和44年に7月、館山市布沼に市内で第1号となるママさんバレーボールチームが誕生。その後も次々とチームが生まれ、協議会結成準備会を経て、館山市婦人スポーツクラブが誕生しました。発足当初は40を超えるチーム数で活動し、バレーボールやニュー・スポーツの普及、各種スポーツ大会の開催、館山若潮マラソン大会へのボランティア活動など幅広く活動を展開してきました。
しかしながら、近年では、クラブ員の高齢化や減少に伴い、現在では3チームとなり、女性の活躍のけん引役として大きな役目、実績を残してきたクラブは、新しい時代を迎える中、今年度での解散を決断しました。

(式辞を述べる森下会長)

解散式では、クラブ発足から48年にわたってクラブの活動に貢献した、真田初枝さんに表彰状と記念品が贈呈されました。

(受賞された 真田初枝さん)

 

また、館山市長をはじめとする来賓、婦人スポーツクラブ顧問、参与、すべての方々から婦人スポーツクラブへの思い出などを語ってもらい、クラブ員と相互で語り合う場となりました。

(解散式の様子)

解散式後の懇親会では、「館山市婦人スポーツクラブのあゆみ」と題した、48年を振り返るDVDでの映像が放映され、出席したクラブ員は、当時の映像を見て、懐かしながら、昔話に花をさかせました。

(DVD放映)

解散式を終えた、森下綾子会長は『皆様のお陰をもちまして、無事に解散式を終了することができました。伝統あるクラブを閉めるのは、苦渋の決断でした。先輩方々の「やれるとこまで頑張ってやっていこうよ」の言葉を励みに、精一杯活動をしてきましたが、少子高齢化や新しい時代を迎える現代に「潮時」を感じ、解散を決断しました。本日の解散式では、来賓の方々、婦人スポーツクラブの先輩の方々がたくさんの思い出を語っていただき、笑顔で終えることができ、大変うれしく思います。クラブは解散しますが、これからもバレーボールを中心に生涯スポーツに励んでいきたいと思います。』と語っていました。


主催:館山市婦人スポーツクラブ
参加者数:49名
会場:芳喜楼
次第:(1)開式のことば (2)会長式辞 (3)団長挨拶 (4)表彰・記念品贈呈 (5)受彰者謝辞 (6)来賓挨拶 (7)来賓紹介 (8)電報披露 (9) 閉式のことば

 
(現在まで存続したチーム)


(館山チーム)


(神明町チーム)


(神余チーム)
このページについてのお問い合わせ
教育委員会教育部スポーツ課スポーツ振興係 住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3696   ファックス:0470-23-3115
E-mail:sportska@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?