東京に向けて館山からスタート 平井・貴田選手に続け!     OWSジュニア選手研修合宿

最終更新日:平成28年8月30日


    
▲合宿で指導した貴田裕美選手                   ▲北条海岸で練習                

 一般社団法人千葉県水泳連盟は、今月28日から2泊3日で、中高生を対象にした「OWS(オープンウォータースイミング)ジュニア選手研修合宿・記録会」(館山市・館山市教育委員会後援)を市営50mプールと北条海岸で開催しました。
この研修には、リオ大会のマラソンスイミング女子に出場した日本代表の貴田裕美選手(コナミスポーツクラブ)も参加し指導しました。
29日は北条海岸で300m×10周回や500m×6周回の練習を行いました。
この研修は、県水連が、平井・貴田選手に続く、素質のある選手の早期発掘と育成を目的に中学1年生から高校2年生を対象とした全国初の合宿を計画。千葉県水泳連盟所属の中高生だけでなく、関東の他県水泳連盟にも呼びかけ、埼玉県や茨城県の各水連からも参加し、15人が指導を受けました。
 
OWSは、海、川、湖など自然の水の中で行われる長距離の水泳競技。プールでの競泳競技と違い、速く泳ぐ技術だけでなく、天候(風向・水温・気温等)、潮汐、選手同士の接触など、外部から様々な影響を受けるため、自然の中で泳ぐ知識や経験も必要となります。2008年の北京オリンピックから、10kmの部が「マラソンスイミング」として、夏季オリンピック正式競技となりました。また、今年の岩手国体から国体種目にもなりました。
日本水泳連盟が主催する国内最高峰のエリートレース「OWSジャパンカップ」は、東京オリンピックをにらみ、今年から舞台をお台場に移したものの、2000年から昨年までは館山市の北条海岸で開催されていました。
中高生から一般を対象に1、2、3、5kmの部を行う「館山OWSフェスティバル」は、引き続き北条海岸で開催されています。
「OWSジャパンオープン2009館山」でデビューながら優勝した平井康翔選手は、オリンピック2大会出場するまで至り、館山ふるさと大使も委嘱され、OWSと館山市との関係は深いものとなっています。
「今回初めてだが、裾野を広げ、全国からジュニアが集まる研修合宿となることを期待したい。」と県水連の大澤会長は話していました。
 
このページについてのお問い合わせ
教育委員会教育部スポーツ課東京オリパラ・キャンプ誘致室 住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3696   ファックス:0470-23-3115
E-mail:mailto:sportska@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?