モントリオールオリンピックバレーボール金メダリスト             田村悦智子さん・吉田昌子さんからの丁寧な指導!

最終更新日:平成27年11月18日

モントリオールオリンピックバレーボール金メダリストで「館山スポーツ大使」の田村(旧姓前田)悦智子さんと吉田(旧姓高柳)昌子さんを講師に迎え、「一流選手に学ぼうバレーボール教室」が11月15日(日)、館山市営市民体育館で行われました。
同教室は、バレーボールに興味のある市内の小学生を対象に、男女合わせて約60人が参加。
講師から基本を大切にすることを伝えられ、バレーボール初心者でも楽しみながら指導を受けました。

 

田村(旧姓前田)悦智子さんからの指導

田村さんは「初心者のみんなも今日一日で上達しました。練習すればもっとできるようになります。経験者のみなさんは、初心者の良いお手本になっていました。これからもお手本になるように練習を頑張ってください。」と子どもたちを励ましていました。
 
 

吉田(旧姓高柳)昌子さんからの指導

吉田さんは、「バレーボールはサーブとサーブレシーブが大事。それを頭に入れて練習してください。サーブは自分の力。一人でも練習できます。これからも練習を頑張ってください。」とレシーブやサーブ等、丁寧に指導を行っていました。
 
 

みんな笑顔で集合写真

参加した子どもたちからの「足の筋肉をつけるにはどうしたらいいですか?」との質問に、講師からは「足の筋肉をつける運動を日常生活の中で取り入れて行うとよい。」と筋トレのやり方を見せながら回答。
子どもたちは「初めてバレーをやって楽しかったです。うまくできなかったことは家でも練習しようと思います。」「中学に入ったらバレー部に入りたいです。」「バレーボールはサーブとサーブレシーブが一番大切だからたくさん練習しようと思った。今日学んだことをこれからの練習に生かしていきたいです。ありがとうございました。」とバレーボール教室を振り返っていました。
最後は、参加者全員で記念写真を一枚。