館山の水産業概要

最終更新日:平成24年4月26日

おさかな館山市の水産業について

 館山市の漁業は沿岸漁業を中心として、大型・小型定置網漁業を始め、まき網漁業、釣り、さし網、採藻、採貝などが行われています。中でも、まき網漁業で生産され、かつおの一本釣りで使用される「えさいわし」の供給基地としては全国的に有名です。

 現在、つくり育てる漁業を目指して、水産物の安定的な供給が出来るよう、さざえ・あわび・まだい・ひらめ等の種苗放流や、魚礁等による漁場の整備を行い、資源及び生産量の増大に努めています。しかし、漁獲量、漁獲高とも年々減少しており、漁業従事者についても同じく減少しています。また、従事者の半数以上が60歳以上となっており、後継者不足とあわせて高齢化問題等、厳しい状況が続いています。

 館山市には、県営漁港として船形漁港・富崎漁港、市営漁港として伊戸漁港・川名漁港・洲崎漁港・栄の浦漁港・坂田漁港・波左間漁港・見物漁港・下原漁港の計10漁港があり、それぞれ漁業活動が行われています。

 また、館山船形漁業協同組合・西岬漁業協同組合・波左間漁業協同組合・館山市相浜漁業協同組合・館山市布良漁業協同組合の5組合があります。これらの組合では 直売施設 を通じて海産物の販売をしていますので、ぜひご利用下さい。

館山市内の漁協直営施設をご紹介します
このページについてのお問い合わせ
経済観光部農水産課漁政係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3397   ファックス:0470-23-3115
E-mail:nousuisanka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?