子ども医療費助成制度

最終更新日:平成29年8月9日

子ども医療費助成制度とは

お子様が病院等で診療を受けた場合や保険薬局で薬を受け取った場合に、保険診療の一部負担金を助成する制度です。
診療を受けるときに「健康保険証」と「子ども医療費受給券」を医療機関に提示すると、保険診療分の窓口負担額が通院1回・入院1日につき300円又は無料となります。
 

対象者と自己負担額

平成28年8月診療分から通院医療費の助成対象年齢を中学3年生まで拡大しました。 
 
対   象 15歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある者
所得制限 あり
(所得制限限度額については下記参照)
対象になる医療費 通院(調剤を含む)・入院
自己負担額 通院1回300円  入院1日300円  調剤薬局は無料
市民税所得割が課税されていない世帯はすべて無料

助成を受けるための手続

館山市役所こども課窓口にて登録申請をお願いします。

【登録申請に必要なもの】
(1)子ども医療費助成受給資格登録申請書 
(2)印鑑
(3)申請されるお子様の健康保険証
(4)マイナンバー確認書類(マイナンバーカード、通知カード 等)
(5)保護者の所得・住民税(市民税・県民税)証明書
  ※申請する年の1月1日(申請する月が1月~7月の場合は、前年の1月1日)に館山市に住民票が無い人のみ必要です。

保護者の所得・住民税証明書

子ども医療費助成制度では、所得制限を設けていること、住民税の課税・非課税によって自己負担額 を定めていることから、助成を受けたいお子様の保護者の所得等を確認する必要があります。
館山市にて、保護者の所得・住民税額の情報が確認できない人(申請をした年の 1 月 1 日、または前年 の 1 月 1 日に館山市に住民票がなかった人)については、市区町村から発行される所得・住民税証明書 の提出が必要となります。

誰の分の証明書が必要なの?
 原則、保護者それぞれの証明書が必要です。
 ただし、保護者のどちらかが配偶者控除の適用を受けている場合には、適用を受けている人の証明書 のみの提出で構いません。
(例1)
 父が母を配偶者控除にとっている場合、父の分のみの証明書を提出する。
(例2)
 父・母が共働きで、どちらも配偶者控除にとっていない場合、父・母の2人分の証明書を提出する。

何年度分の証明書が必要なの?
○ 申請する月が1月~7月の場合
 前年度分の所得・住民税証明書を提出ください。
 前年の1月1日時点において館山市に住民票がない人(前年の1 月2 日以降に館山市に転入した人など)が必要です。

○ 申請する月が8月~12月の場合
 申請する年度分の所得・住民税証明書を提出してください。
 申請する年の1月1日時点において館山市に住民票がない人(申請する年の1 月2 日以降に館山市に転入した人など)が必要です。

証明書はどこから取り寄せるの?
 必要な証明書の年度の1 月1 日に住民票があった市区町村役場から取り寄せてください。
 証明書には、「総所得額」「住民税の課税額」「所得控除額の内訳」「控除対象配偶者の有無」 「扶養の人数」が記載されているものをお取り寄せください。
 ※取り寄せ方法などについては、各市区町村役場へお問い合わせください。
 (例)平成29年度証明書が必要なときは、平成29年1月1日に住民票のあった市区町村から取り寄せる。

※市民税・県民税徴収税額の決定通知書や源泉徴収票ではありません。

所得制限限度額について

子ども医療費助成制度は、負担能力の公平性の観点から所得状況による給付制限を設けています。保護者(父母等)の所得が下の表の所得制限限度額以上の場合は、子ども医療費の助成を受けることができません。


【所得制限限度額表】

扶養親族等の数 所得制限限度額(万円) 収入額の目安(万円)
0人 622.0 833.3
1人 660.0 875.6
2人 698.0 917.8
3人 736.0 960.0
4人 774.0 1002.1
5人 812.0 1042.1









 



(注1)
所得税法に規定する老人控除対象配偶者又は老人扶養親族があるものの限度額(所得額ベース)は上記の額に、当該老人控除対象配偶者又は老人扶養親族1人につき6万円を加算した額。
 
(注2)
扶養親族等の数が6人以上の場合の限度額(所得額ベース)は、1人につき38万円(扶養親族等が老人控除対象配偶者又は老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額。

日本スポーツ振興センターの災害共済給付の対象となる医療費について

独立行政法人日本スポーツ振興センターの災害共済給付の対象となる医療費については、子ども医療費制度の助成対象となりません。
学校管理下での負傷又は疾病などで病院を受診する場合は、日本スポーツ振興センターの災害共済給付の対象となるので、子ども医療費受給券を使用しないようにお願いいたします。

子ども医療費助成制度Q&A

Q1 子ども医療費助成の申請をしたら、いつからの医療費が助成の対象になりますか?

A1
出生日や転入日から1ヶ月以内に申請した場合は、出生日や転入日から助成対象となります。
ただし、1ヶ月を過ぎて申請をした場合は、申請日から助成対象となります。
申請が遅れませんよう注意をお願いいたします。
 

Q2 受給券を使用しないで病院を受診しました。支払った医療費は返還されますか?

A2
お手元に受給券が届く前や県外医療機関などで、受給券を使用せずに受診した場合は、館山市役所こども課窓口にて申請をすれば一旦支払った窓口負担額の返還を受けることができます。領収書・子ども医療費助成受給券・健康保険証・保護者の印鑑・保護者の通帳を持って手続きをお願いいたします。診療を受けた月の翌月から2年以内であれば申請できます。(例:申請書を提出する月が平成29年8月の場合→平成27年8月診療分まで申請できます。)

 

このページについてのお問い合わせ
健康福祉部社会福祉課社会福祉係(こども課内) 住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3750   ファックス:0470-23-3115
E-mail:fukusika@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?