「館山スポーツ大使」飯沼誠司さん

最終更新日:平成24年4月26日

館山ふるさと大使


  (いいぬませいじ)
  飯沼誠司さん  「館山スポーツ大使」


飯沼誠司さん
 ●住所:東京都在住

 ●委嘱日:平成19年6月23日 委嘱状交付
      (平成23年6月23日 委嘱状再交付)

 ●活動:ライフセーバー等の活動を通じての館山のPR

      ビーチスポーツ活動やビーチイベントへの参加・協力



 ●プロフィール

 1997年(平成9年)、アイアンマンレース「ワールド・オーシャンマンシリーズ」に日本代表として選ばれ、日本人ライフセーバーとしては初めてのプロ契約を交わす。

 その後、全日本選手権アイアンマンレースでは5連覇という偉業を達成。

 1998年(平成10年)には、全米ライフガード選手権で5位に入賞するなど、海外のレースでも数々の好成績を収める。

 プロとして活動を始めると同時に、そのキャラクターを生かしテレビのバラエティ番組に進出。

 その後俳優・モデルとしても映画・ドラマ・舞台で活躍する。

 2010年(平成22年)「RESCUE2010ライフセービング世界選手権エジプト大会」において日本代表キャプテンとして、団体種目の一つで日本初の銀メダル獲得に貢献する。
 その活躍もあり、同年の「JLAライフセーバーアワード2010」において“ライフセーバー・オブ・ザ・イヤー”を受賞する。

 2012年(平成24年)「第25回全日本ライフセービング・プール競技選手権大会」において、同氏が代表を勤める館山サーフフクラブが総合優勝をする。

 同年11月「RESCUE2012ライフセービング・プール世界選手権オーストラリア大会」にユースの日本代表監督として大会に参加、この大会で館山所属の富澤選手をメダル獲得へ導く。

 2013年(平成25年)、早稲田大学大学院スポーツ科学研究課 修士課程1年制に合格し、4月から在学している。



 ●館山市との関わり

 ・2006年(平成18年)、館山での海水浴場監視業務に携わった際に、“館山の海の魅力”に惹かれ、同氏が中心となり、【TATEYAMA SURF CLUB】を立ち上げ、海の安全と環境を保全する活動を行っている。

 ・2007年(平成19年)6月23日(土)・24日(日)、同CLUB主催により、本格的なマリンシーズン到来を前に、北条海岸を発信地として、自然・海・スポーツの楽しさ、素晴らしさを感じることのできるイベント『OCEAN+FEST館山』を開催。

 ・2008年(平成20年)8月、館山市主催により、「ビーチバレーボールin館山2008」を開催。

 ・2013年(平成25年)6月『OCEAN+FEST館山』を大会会長として開催、同イベントは7回目の実施となった。


 ● → 飯沼誠司さん公式ホームページへ


→ 「館山ふるさと大使」に戻る
このページについてのお問い合わせ
総合政策部企画課企画係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3163 0470-22-3147   ファックス:0470-23-3115
E-mail:kikakuka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?