「館山ふるさと大使」石井崇さん

最終更新日:平成24年4月26日

館山ふるさと大使


  (いしいたかし)
  石井崇さん  画家


石井崇さん
 ●住所:スペイン・フェレイローラ村在住(東京都出身) 

 ●委嘱日:平成15年11月14日 委嘱状交付及び名刺贈呈

 ●活動:絵画、著作等の活動を通しての館山のPR
       文化活動やまちづくり関連行事への参加




 ●プロフィール

 東京芸術大学卒業。

 1975年単独スペインへ渡る。以来、主にスペインの風景を題材として、創作活動を続けている。

 1985年、館山市大神宮に手作りのアトリエを建設。帰国時には、館山市を拠点に活動。

 1989年南スペインアルプハーラ地方にアトリエを構え創作活動を続ける。

 スペインや日本国内各地のギャラリーなどで展覧会を開催。

 燦々と降りそそぐスペインの太陽と南風の中で描かれた絵は、単なる風景ではなく、内から溢れ出る情感が映し出されており、その情景画の愛好家は多い。

 また、作家として、詩画集を始め多くの著作・出版を手がけている。



 ●館山市との関わり

 ・1988年、館山市市制施行50周年企画検討委員として、50周年記念イメージキャラクタの制作を行った。

 ・また、「出前フラメンコ」、「プーロフラメンコ」等のイベント発案に関わり、スペイン風まちづくりの提案を行うなど、館山市との関わりが深い。

 ・2008年3月、TAKASHI ISHII 『LA FELICIDAD DE CADA DIA』 を出版。館山を描いた作品を多く掲載。

 ・同年8月、客船「にっぽん丸」寄港記念品として、石井氏の作品(作品名:洲崎ポイント)を贈った。

 ・2011年 『全国大学フラメンコフェスティバル』(南総文化ホール)において、スペイン風景画展の開催やプログラムへのスペイン紀行を掲載、来場者へスペイン画のポストカードをプレゼントするなどの協力。

 ・2012年  前年同様,『全国大学フラメンコフェスティバル』(南総文化ホール)への協力

 ・ 〃   中里ワークホーム納涼祭において、スペイン料理『パエリア』の無料試食会を開催。大使自らが自慢の腕を振るった。

 ・ 〃   ”渚の駅”たてやまのロビーに、館山市を中心とした南房総地域の風景画を展示。

  ・2013年 『全国大学フラメンコフェスティバル』(南総文化ホール)への協力
   

 ● → 石井崇さんホームページへ



→ 「館山ふるさと大使」に戻る
このページについてのお問い合わせ
総合政策部企画課企画係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3163 0470-22-3147   ファックス:0470-23-3115
E-mail:kikakuka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?