台風15号・19号による国民年金保険料の免除

最終更新日:令和3年7月2日

風水害等で被災し、保険料の納付が困難なときは、申請により免除を受けられる場合があります。
保険料の納付が困難な場合は、早めに申請してください。

対象者

国民年金第一号被保険者の人で、災害により所有する財産が被害を受け、その被害金額(保険金、損害賠償金等により補てんされた金額を除く。)がおおむね2分の1以上におよんだ人(り災証明書の判定が半壊以上の人)
※所有する財産は、本人のみでなく、世帯主、配偶者、世帯員の財産を含みます。
※学生は災害による免除の対象となりません。学生の方は、学生納付特例制度をご利用ください。

免除期間

令和元年8月分から令和3年6月分まで

申請に必要なもの

り災証明書(コピー可)
保険金・損害賠償金等の支給金額等を確認できる証明書(コピー可)
運転免許証などの本人確認書類
マイナンバー又は基礎年金番号のわかるもの

注意事項

災害による免除を受けた期間は、年金を受けるための資格期間には算入されますが、老齢基礎年金額は全額納付した場合に比べて2分の1として計算されます。
10年以内であれば、後から納める(追納)ことにより老齢基礎年金額を満額に近づけることが可能です。ただし保険料免除を受けた期間の翌年度から起算して3年度目以降は当時の保険料に一定の金額が加算されます。
なお、追納した場合のその期間は「納付」期間として取り扱います。
詳しくは日本年金機構のホームページ「風水害・震災等により被災されたとき」をご確認ください。
このページについてのお問い合わせ
健康福祉部市民課高齢者医療年金係 住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3418
FAX:0470-23-3115
E-mail:siminka@city.tateyama.chiba.jp
このページについて
ご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?