湯立神事(厳島神社)

最終更新日:令和元年6月27日



 海上安全・大漁祈願の神事で、「シオマツリ」とも呼ばれ、館山市の無形民俗文化財に指定されています。
 神前での祭典後、境内にある直径約60cmの大釜に煮立ったお湯を、白装束の神官役が笹で周囲の人たちに振りかけます。この湯を浴びると厄払いになることから、人々は競って釜の周囲に集まり、振りかける人もずぶぬれになるほど遠くへ湯気を飛ばします。
 終了後は、各自手にしたタオルなどを釜の湯に浸し、持ち帰って家族の体を拭いて無病息災を祈ります。

開催日

令和2年1月12日(日)

開催場所

厳島神社(館山市西川名1315)

アクセス

JR館山駅からJRバス坂田経由伊戸行「芝台」下車徒歩約4分
富津館山道富浦ICから車で約40分

お問い合わせ

TEL:0470-22-3698 館山市生涯学習課
このページについてのお問い合わせ
経済観光部観光みなと課観光企画プロモーション係 住所:〒294-0036 千葉県館山市館山1564-1 渚の駅たてやま内
電話:0470-22-2544   ファックス:0470-24-2404
E-mail:kanko@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?