平和行政

最終更新日:令和4年3月2日

市民の生活の安定は、世界平和の基礎の上に成立するものであり、戦争の脅威、核兵器の脅威、他国による人権侵害、あらゆる紛争を無くし、世界の恒久平和を実現することが必要不可欠です。

「ロシアによるウクライナ侵攻について」館山市と館山市議会が共同で声明を発表(令和4年3月2日)

ロシアによるウクライナ侵攻について
 
去る2月24日、国際社会の懸命な外交努力にもかかわらず、ロシアはウクライナへの軍事侵攻を開始した。

ロシア軍の武力によるウクライナの主権侵害は、国際社会の平和と秩序、安全を脅かす行動であり、国連憲章に違反する行為として、断じて容認することはできない。

平成4年に『平和都市宣言』を行い、平成22年には『平和市長会議(現在の「平和首長会議」)』に加盟している館山市及び館山市議会として、強く非難する。

また、政府においては、ウクライナの人々及び邦人の安全確保に努めるとともに、国際社会と連携しつつ、世界平和の実現に向け、全力を挙げていただきたい。

令和4年3月2日
館 山 市 長 金 丸 謙 一
館山市議会議長 石 井 敬 之

【館山市長コメント】
本日、館山市議会の皆様にも御賛同いただき、共同で声明を発表しました。平和都市宣言を行い、平和首長会議にも加盟している館山市として、今回のロシアによるウクライナへの侵攻を容認することはできません。特に、ウクライナの子どもや女性、高齢者の保護及び邦人の安全確保は緊急を要するため、ロシアの軍事行動を強く非難することとしました。

【館山市議会議長コメント】 
被害を受けられたウクライナの方々には、お見舞い申し上げますとともに、即時、ロシア軍の撤退を要望します。
ロシアによるウクライナへの軍事侵攻は、国際社会の平和と秩序、安全を脅かす行為であり、館山市議会としては、決して容認することはできないので、政府においては、全力を挙げて、対応していただきたい。

平和都市宣言

当市では、平成4年9月29日に「平和都市宣言」を行っています。

平和首長会議

当市は、核兵器のない平和な世界を強く希求する趣旨に賛同し、平成22年12月1日、平和市長会議に加盟しました。
※平成25年8月6日、『平和市長会議』は『平和首長会議』へ日本語名称を変更しました。

「核兵器禁止条約」の早期締結を求める署名

平和首長会議では、核兵器廃絶を目指し、核兵器禁止条約の早期締結を求める署名活動を行っています。

この取組みの詳細については、平和首長会議ホームページ(下記リンク)をご覧ください。

北方領土返還に向けて

●毎年8月及び2月は、「北方領土返還運動全国強調月間」です。
●毎年2月7日は「北方領土の日」です。

 期間中は全国各地で様々な行事が開催されます。
 

北朝鮮拉致問題

「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」
毎年12月10日から16日は、「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」です。
拉致問題をはじめとする北朝鮮当局による人権侵害問題の解決のためには、国際社会との連携のほか、この問題についての関心と認識を深めていくことが大切です。
このページについてのお問い合わせ
総合政策部企画課企画係 住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3163 0470-22-3147
FAX:0470-23-3115
E-mail:kikakuka@city.tateyama.chiba.jp
このページについて
ご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?