平成28年度の特別徴収義務者の一斉指定について

最終更新日:平成26年8月4日

平成28年度の住民税の特別徴収義務者の一斉指定について

 地方税法及び館山市市税条例の規定では、所得税の源泉徴収義務のある事業者は、原則として従業員等の住民税を事業者が給与から特別徴収(天引き)し、納入することが義務付けられています。
 千葉県及び県内全市町村では、法令の遵守、公平性、納税義務者(従業員等)の利便性及び滞納の抑制などの観点から、平成28年度に特別徴収の対象となる事業者を一斉に特別徴収義務者に指定し、特別徴収を徹底していただくため、現在準備を進めています。

 事業者の方は、制度へのご理解と特別徴収へのご協力をお願いいたします。


 千葉県ホームページ

特別徴収を行う義務のある事業者

 所得税の源泉徴収義務のある事業者は、住民税の特別徴収を行う義務があります。
 これは、正社員だけでなく、パートやアルバイト、役員等も対象になります。

 ただし、以下の条件にあてはまる事業者または従業員の場合は、普通徴収(個人払い)が認められています。

 ・事業者の要件
  (1)総受給者数が2名以下であること。
   (「総受給者数」とは、下記の普通徴収が認められる従業員を除いた、その事業所で働くすべての従業
   員の数です。)

 ・従業員の要件
     (1)4月1日現在で給与の支払いを受けていない者
  (2)すでに退職している
  (3)給与支払報告書(源泉徴収票)を提出した年の5月31日までに退職する予定である
  (4)給与が毎月支払われていない
  (5)毎月の給与が少なく、特別徴収しきれない
  (6)他の事業者から特別徴収されている
  (7)専従者給与を支給されている

一斉指定に伴う変更点

  平成28年度の一斉指定のため、平成27年分以降の給与支払報告書の提出の際には、「普通徴収切替申請書」を添付していただくことになります。
  これは、特別徴収の対象となる事業所・従業員と普通徴収の対象となる事業所・従業員を確実に区別するために必要となります。

  お手数ですが、平成27年分以降の給与支払報告書の提出の際には、必要事項をご記入の上、提出をお願いいたします。また、el-taxを利用されている場合には、申請書は郵送でご提出ください。

 普通徴収切替申請書リンク(工事中)
このページについてのお問い合わせ
総務部税務課市民税係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3262   ファックス:0470-23-3115
E-mail:zeimuka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?