市税の納税通知書、介護保険・後期高齢者医療関連通知等の送付先の変更について

最終更新日:平成28年8月18日

市税・国民健康保険税納税通知書及び納付書、介護保険・後期高齢者医療関連通知等の送付先変更について

納税義務者、被保険者が入院している等の理由により、市税(固定資産税・軽自動車税・市県民税)及び国民健康保険税の納税通知書及び納付書、介護保険・後期高齢者医療関連通知等の送付先を変更する場合は、「介護保険・後期高齢者医療及び市税関連通知等送付先変更届」を提出してください。

介護保険・後期高齢者医療及び市税関連通知等送付先変更届様式

なお、提出の際には次の事項にご注意ください。

(1)送付先を変更するにあたっては、送付先からの承諾を得てください。

(2)申請時に介護保険の資格のみをお持ちの方が、転送書類の「後期高齢」の欄に〇を付けられても後期高齢者医療制度の送付先としての変更を行いません。後期高齢者医療制度でも送付先変更をする必要がある場合は、後期高齢者医療制度の資格取得後に改めて申請してください。

(3)送付先変更を終了する場合(住民登録地へ送付する場合)は、改めて届出書を提出してください。届出をしない場合は、変更後の送付先へ送付されます。ただし、郵便物が送付先に届かない場合は、送付先変更を解除することがあります。
 送付先をさらに変更する場合(送付先の方の転居も含む)や、送付先を変更する必要がなくなった場合は、速やかに届け出てください。
 ただし、後期高齢者医療制度では、千葉県内への転出では資格をそのまま引き継ぐことから、送付先変更を行った後に千葉県内の他市町村に転出された場合、転出先でも送付先変更を引き継ぐことになります。転居により送付先変更が不要になった場合は、廃止の届出を行ってください。

(4)送付先変更を行った後に転出により館山市での資格を喪失され、再度、転入により資格取得された場合、引き続き通知等を変更後の送付先へ郵送する必要がある場合は、再度届け出てください。

(5)送付先の設定は、送付する住所を変更するだけですので、宛名は被保険者・納税義務者のままで変更されません。

(6)介護保険料・後期高齢者医療保険料及び市税の送付先変更を行い未納となった場合には、それに付随する書類(督促・催告書)は、変更後の送付先へ送付されます。納付が確認できない状態が続いた場合は、送付先を解除することがあります。

(7)国民健康保険の被保険証は、病院等に入院、入所している場合(別途手続きが必要です。)を除き住民登録地への送付に限られますのでご了承ください

提出場所及び連絡先

窓口へ提出する場合は、館山市役所本庁1階 税務課 までご提出ください。
郵送の場合は、〒294-8601 館山市北条1145-1 館山市役所 税務課 宛にご提出ください。
このページについてのお問い合わせ
総務部税務課資産税係・市民税係 住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3261・3262   ファックス:0470-23-3115
E-mail:zeimuka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?