家屋に対する課税(2)新築住宅に対する減額措置

最終更新日:平成24年4月26日

家屋(居宅)を新築された場合、新築後一定期間の固定資産税額が2分の1に減額されます。
新築された住宅に係る減額措置の適用関係は次のとおりです。

ア 専用住宅や併用住宅(居住部分の床面積が家屋全体の2分の1以上)であること。
イ 床面積の要件は以下のとおりです。
 
家屋の種類 床面積(併用住宅は居住部分の床面積)
一戸建住宅 居住部分の床面積が50m2以上280m2以下
一戸建て以外の貸家住宅(アパート)など 居住部分の床面積が40m2以上280m2以下

→家屋に対する課税TOPへ戻る

このページについてのお問い合わせ
総務部税務課資産税係 住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3261   ファックス:0470-23-3115
E-mail:zeimuka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?