館山市住宅リフォーム補助金(移住定住促進)交付制度

最終更新日:平成28年4月14日

受付の状況について

平成29年度については実施しておりません。

住宅リフォーム補助金(移住定住促進)交付制度の概要

本市への移住定住の促進と地域活性化を図るため、住宅のリフォーム工事を行う移住者や移住予定者に対し、その経費の一部を補助する制度です。
 

補助要件

(1)補助対象者及び補助対象住宅

安房郡市以外 から、本市へ移住を予定している、又は申請しようとする日から過去1年以内に移住した方
・移住前の 過去5年間 に本市で住所登録をしたことのない方
・移住を予定している方は、実績報告書の提出までに申請する住宅に 住所登録 ができる方
・申請者本人が居住している、又は居住予定の住宅をリフォーム工事する方
・申請者本人が所有する住宅をリフォーム工事する方
・申請者本人及び同居者に市税等の滞納が無い方
・館山市内にある個人住宅又は併用住宅であること
 (併用住宅の場合は、居住に利用する床面積が全体の床面積の 1/2以上あることが条件になります)
・新築ではない住宅であること
・市内に本店を有する法人又は市内に住所を有する個人で、かつ建設業を営む者によりリフォーム工事を行う住宅であること
・リフォーム工事に着手する 14日前までに 申請する工事であること
・申請した年度の 2月末日までに 完了する(実績報告書を提出できる)工事であること
・以前に、各種館山市住宅リフォーム補助金の交付対象となったことがない住宅であること

リフォーム工事を行う建物が、補助金交付の対象であるかどうかは、簡易判定フローチャートで確認できます。

(2)補助対象工事

・金額が20万円以上(消費税を含む)の工事
・個人住宅の改修・増築・設備改善等【併用住宅の場合は、住宅部分のみを対象とし、共用部分は床面積を按分して算出】
・住宅敷地の外構物(門、門扉、塀、柵等)の整備、改修

補助対象工事の例

補助対象となる工事費については、対象経費簡易判定フローチャートで確認できます。

補助金額

・リフォーム工事費のうち、補助対象にならない経費を引いた額の20%(千円未満切捨て)
・補助金限度額:50万円

補助対象とならない経費

・容易に移動が可能な備品等の購入費
・事務所、店舗等、自己の居住の用に供しない部分の工事の経費
・災害保険の保険金等の給付金による補てんの対象となる工事の経費
・国、県、市等が助成する他の住宅関連補助金等の交付対象となる工事の経費
・その他市長が適当でないと認める経費

 他の住宅関連補助金の対象となり得る工事は当該補助制度の利用の如何を問わずリフォーム補助金の対象経費から除外します。

申請の受付

(1)交付申請書の提出

館山市住宅リフォーム補助金(通常・子育て支援・移住定住促進)交付申請書(第1号様式)に必要事項を記入、押印のうえ、次の書類を添付して市へ提出していただきます。

・位置図
・工事見積書の写し
・工事の内容がわかる図面
・リフォーム工事をする箇所の工事着手前の写真
・補助対象住宅に住所を有する全員の住民票
・申請者本人の戸籍の附票の写し
・市税等の滞納がないことの証明書(第2号様式 (市民課の窓口で証明を受けてください)
・リフォーム工事をする建物の固定資産税明細書の写し
・建築確認済証の写し(建築確認申請が必要な工事の場合のみ)
委任状(代理人が申請書を提出する場合)
・その他市長が必要と認める書類

 交付申請書記入例
 

(2)補助金の交付決定

審査の結果、補助金交付の可否及び補助金額が決定され、館山市住宅リフォーム補助金(通常・子育て支援・移住定住促進)交付(不交付)決定通知書(第3号様式)が交付されます。(申請書提出後1週間程度)

(3)リフォーム工事着工

必ず、交付決定通知書が交付されてからリフォーム工事を着工してください。
交付決定通知書が交付される前に工事を着手した場合、補助金が取り消されます。

☆工事内容に変更が生じた場合

交付決定通知書が届いた後、工事内容の変更が生じた場合は、館山市住宅リフォーム補助金(通常・子育て支援・移住定住促進)変更(中止・廃止)承認申請書(第4号様式)に必要事項を記入、押印のうえ、次の書類を添付し提出してください。
・変更後の工事見積書の写し
・変更内容を明らかにする図面
・変更する箇所の写真(工事箇所を追加する場合)
・その他市長が必要と認める書類

変更承認申請書記入例

工事内容が変わらなくても、値引き等により補助金申請額に増減が発生した場合は、変更承認申請の対象となります。

変更等の承認

審査の結果、変更等の承認の可否を決定し、館山市住宅リフォーム補助金(通常・子育て支援・移住定住促進)変更(中止・廃止)承認・不承認通知書(第5号様式)を交付します。なお、正当な理由が無く、変更等の承認を受けずに工事を行った場合は補助金の交付決定を取り消す場合があります。

(4)リフォーム工事完了

工事完了後、館山市住宅リフォーム補助金(通常・子育て支援・移住定住促進)実績報告書(第6号様式)に必要事項を記入、押印のうえ、次の書類を添付し提出してください。
・契約書又は請書の写し
・領収書の写し
・工事後の写真(工事後の状況を撮影したもの)
・検査済証の写し(建築確認申請が必要な工事の場合のみ)
・その他市長が必要と認める書類

実績報告書記入例
 

(5)補助金の確定

審査後、市から館山市住宅リフォーム補助金(通常・子育て支援・移住定住促進)交付確定通知書(第7号様式)が交付されます。
なお、補助金の金額は、この時点で確定されます。

(6)補助金の請求

交付確定通知書を受け取った後、館山市住宅リフォーム補助金(通常・子育て支援・移住定住促進)交付請求書(第8号様式)を提出してください。
なお、補助金の振込先口座は、申請者本人の金融機関口座に限ります。

交付請求書記入例

(7)補助金の振込み

交付請求書に記載された口座に、市から補助金が振込まれます。

決定の取消し

○申請者が次のいずれかに該当する場合は、補助金の交付の決定の全部又は一部を取消します。

・偽りその他不正の手段により補助金の交付の決定を受けたとき。
・自らの責めに帰すべき事情により補助事業を中止、又は廃止したとき。
・その他補助金交付要綱に違反したとき。

その他

・補助金の交付は、1住宅につき1回限りです。
・交付予定額が予算額に達した場合、交付申請書の受付はいたしませんのでご了承ください。
・既に工事が完了している場合や交付決定通知前に着工している場合は、補助金の交付対象となりません。


Adobe Reader ダウンロード PDF形式の閲覧には、Adobe Reader(無償)が必要です。 お持ちでない方は、下記ページからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ
建設環境部建築施設課計画管理係 住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3751   ファックス:0470-23-3116
E-mail:kenchikushisetsu@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?