【お願い】台風や秋の長雨に備えた雨水調整池の点検・管理をお願いします。

最終更新日:平成28年8月31日

雨水調整池(雨水貯留施設)を設置または管理されている皆様へ

 台風や秋の長雨による異常な降雨の影響より、宅地や道路の浸水が予想されます。
 開発行為等により設置された雨水調整池(雨水貯留施設)は、宅地内に降った相当量の雨水を一時的に貯留し、周辺地域への溢水を防止するための重要な施設です。
 しかしながら、雨水調整池(雨水貯留施設)の適正な維持管理が行われなければ、雨水調整の機能が発揮されず、周辺地域への溢水の原因になりかねません。
以上のことから、今一度、調整池(貯留施設)の点検や維持管理の徹底をお願いします。
 
 
【点検・管理項目】
1.オリフィス(放流口)と周囲に取り付けた塵除けスクリーンのゴミや堆砂等の除去による閉塞防止
 
2.排水ポンプの稼働
 
3.排水ゲートの開閉状況
 
4.放流先(水路、側溝等)の閉塞状況
 
5.堤体の異常(法面崩落、亀裂沈下等の損傷、漏水等)
 
このページについてのお問い合わせ
建設環境部都市計画課都市計画係 住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3640   ファックス:0470-23-3116
E-mail:tosikeikaku@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?