(市指定)高瀬家文書

最終更新日:平成27年9月16日

《館山市指定有形文化財(歴史資料等)》

高瀬家文書(たかせけもんじょ)

【市指定】 平成4年3月25日
【所有者】 個人

 元禄16年(1703)の元禄地震で倒壊した那古寺諸堂のうち、観音堂と多宝塔再建のために作成された万人講勧進帳です。
 宝暦7年(1757)に、那古村東町の商人伊勢屋甚右衛門が願主となり、安房国内各村から名主をはじめ、万人講に参加する諸人から合計398両余の資金を集め、宝暦11年に事業を完成させたことがわかります。また建築費の記録や、宝暦6年に江戸回向院で、本尊千手観音の出開帳を行い、資金調達をはじめた記録もあって、観音堂と多宝塔建立に関わる事情を詳しく知ることができます。
このページについてのお問い合わせ
教育委員会生涯学習課文化財係 住所:〒294-0045 千葉県館山市北条740-1 館山市コミュニティセンター内
電話:0470-22-3698   ファックス:0470-22-6560
E-mail:syougaigaku@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?