(国指定)梵鐘(弘安九年在銘)

最終更新日:平成27年9月16日

《重要文化財(工芸品)》

梵鐘(弘安九年在銘)

【市指定】 昭和36年6月30日
【所在地】 館山市出野尾
【所有者】 小網寺



 この梵鐘は、総高107.5cm、口径62.1cmで、3段組みに鋳上げられています。全体のバランスがよく取れ、乳は4段4列で、上帯には飛雲文と日月を、下帯には密教法具の三鈷杵を高肉に鋳出しています。
 小網寺の旧名とされる「金剛山 大荘厳寺」の銘や、弘安9年(1286)に「金剛佛子隆尊」を大願主、「矢作助定」「大田末延」が大檀那となり、「大工大和権守物部国光」によって鋳造されたことが記されています。
 物部国光は、小網寺の梵鐘の後、神奈川県海老名市にある国分寺や鎌倉市にある円覚寺の鐘などを次々に鋳造していった一流の鋳物師でした。
)
このページについてのお問い合わせ
教育委員会生涯学習課文化財係 住所:〒294-0045 千葉県館山市北条740-1 館山市コミュニティセンター内
電話:0470-22-3698   ファックス:0470-22-6560
E-mail:syougaigaku@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?