(市指定)小谷家住宅

最終更新日:平成28年8月8日

館山市指定有形文化財(建造物)「小谷家住宅」

【見学について】
 ・小谷家住宅は、『青木繁「海の幸」記念館』として、平成28年4月29日から一般公開を開始しました。
 ・見学の詳細については、青木繁≪海の幸≫誕生の家と記念碑を保存する会 へお問い合わせください。


《市指定有形文化財(建造物)》

小谷家住宅(こたにけじゅうたく)


【市指定】 平成21年10月27日

【所在地】 館山市布良1256

【所有者】 個人

【構造・形式・床面積など】 桁行き10.98m 梁間8.55m、寄棟造、桟瓦葺き、平面積92.7m

【建築の年代】 明治22年の大火後の再建

 小谷家は江戸時代から続く漁家で、昭和19年に廃業するまで船主でした。布良は明治9年、明治22年、大正12年に大火があり、多くの家が焼失しました。当時の家屋はほとんどが茅葺きであったと思われますが、次第に屋根を瓦葺きにするなど、不燃化を考慮した造り方に変化していったものとみられます。
 小谷家住宅は、建ちの低い平屋建てで、内部に土間はなく、下手に差し掛けの土間・炊事棟を建て、安房地方に多く見られる分棟型民家の系統をひいています。屋根を桟瓦葺き、一部を大壁造りとするなど、防火を考慮した造りとなっています。間取りや、垂木止めに洋釘を用いている点など、明治初期の造りよりも新しい傾向を示しており、明治22年の大火後の再建と考えられます。
 また、洋画家青木繁が明治37年にこの住宅の「オクフタマ」に約2か月近く滞在しています。青木は布良の海を題材に、数多くの海の景色を描きました。その中で最も力を注いだのが、裸の漁夫数人が大きなフカ(サメ)を背にして夕日を浴びて戻ってくる、有名な油彩画「海の幸」でした。小谷家住宅は「海の幸」製作に係わった家としても広く知られています。

 平成26・27年度に、全国の画家等による「NPO法人青木繁『海の幸』会」、地元の「青木繁≪海の幸≫誕生の家と記念碑を保存する会」、小谷家当主が連携し、屋根の葺き替えやなまこ壁の復元など修復を行いました。
このページについてのお問い合わせ
教育委員会生涯学習課文化財係 住所:〒294-0045 千葉県館山市北条740-1 館山市コミュニティセンター内
電話:0470-22-3698   ファックス:0470-22-6560
E-mail:syougaigaku@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?