文化財めぐりII「里見氏の歴史を調べてみよう」

最終更新日:平成24年4月26日

 

文化財めぐり2「里見氏の歴史を調べてみよう」
~13組22名の小学生親子が参加~

 館山市地域子ども教室実行委員会では,11月20日(日)「学校週5日制」に対応し、子どもたちの学校外活動を支援するための「地域子ども教室」の一環として、文化財めぐり2「里見氏の歴史を調べてみよう」を開催しました。
 戦国時代から江戸時代の初めにかけて安房の地を支配した里見氏に関係する文化 財を見学し、ふるさとの歴史を調べることを目的に、御霊山(空堀)~泉慶院(鹿島堀跡)~慈恩院(里見義康墓所)采女井戸~姥神様(八遺臣の墓)~里見義康御殿跡~城山~市立博物館本館・「収蔵庫探検」など、城山を中心に徒歩で巡る見学を行いました。
 この見学会には、館山市内の小学生の親子13組22名が参加。晴天の中、ボランティアガイド(島田さん金久さん鈴木さん)3人の解説により学習しました。
 「城は天守閣だけじゃないんだよ。城を守るために城の周りの山を削り、その回りの広い範囲に堀がお屋敷が作られ、それをすべて含めて城と言うんだよ。」と解説。小学生たちは,城の意味や大きさ、普段気にせず歩いていた道先に今でも城の跡が残っていることに驚き、保護者からは、館山に生まれ育ちながら館山のことをまったく知らなかった。堀などの城の跡のすぐ側まで今は住宅地などになっている。今後消え去ってしまうかもしれない。時代の流れと文化を残し伝えて行くバランスの難しさを改めて知った。などの声が聞かれまし。
 最後に市博物館の普段見学できない収蔵庫の中を見学。知らなかった地元の歴史を学習し驚きや興奮も冷めぬ中、貴重な資料に深深と見入っていました。

探索ルート(マップ)



このページについてのお問い合わせ
教育委員会生涯学習課文化財係 住所:〒294-0045 千葉県館山市北条740-1 館山市コミュニティセンター内
電話:0470-22-3698   ファックス:0470-22-6560
E-mail:syougaigaku@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?