(市指定)鶴谷八幡宮の筒粥神事

最終更新日:平成24年4月26日

館山市指定無形民俗文化財「鶴谷八幡宮の筒粥神事」
インライン画像

《市無形民俗文化財》

鶴谷八幡宮の筒粥神事(つるがやまちまんぐうのつつがゆしんじ)


【市指定】平成5年12月24日

【所在地】館山市八幡68


 この神事は、1月14日夕刻から15日午前中にかけて、農作物の豊凶(ほうきょう)を占うために行われます。まず14日夕方、宮司(ぐうじ)と責任役員が神前で祭事を行うことからはじまります。

 世襲により鶴賀(つるが)本家が、宇土川(うどがわ)から取った葦筒(あしづつ)と、石臼でひいた3合の米、釜などを参集所(さんしゅうじょ)に移します。釜に水を入れ、薪に火をつけ、米を入れた20分後に、束にした葦筒14本を釜の中に入れ、炊き上げた後、神前に供えます。

 翌朝8時頃から神事が行われ、宮司が葦筒の入った粥桶(かゆおけ)を鶴賀本家に渡します。鶴賀本家は、宮司宅で粥の中の葦を取り出し、一から十四まで並べ、筒の中の粥の量によって米、麦など14品目の農作物の作柄と世情を占います。

 鶴賀本家と責任役員が、親から子、子から孫へと、この神事を伝えていることに、この神事の特色があります。
このページについてのお問い合わせ
教育委員会生涯学習課文化財係 住所:〒294-0045 千葉県館山市北条740-1 館山市コミュニティセンター内
電話:0470-22-3698   ファックス:0470-22-6560
E-mail:syougaigaku@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?