(県指定)安房神社洞窟遺跡

最終更新日:平成28年1月29日

戦国時代から江戸時代まで、房総南部を拠点とした里見氏が本拠とした城跡

(県指定)安房神社洞窟遺跡

(県指定史跡)安房神社洞窟遺跡

 【県指定】昭和42年3月7日
【所在地】館山市大神宮589 安房神社
 
 昭和7年(1932)、安房神社の参籠所の改築が、関東大震災の復旧工事として行われました。その付属工事として参籠所裏に井戸を掘った時、地表下1mほどのところで、偶然に口をあけた洞窟があらわれました。
 全長約11m、高さ2m、幅1.5mの大きさの海食洞窟ですが、現在では再び地表下に埋められています。
 洞窟の発見直後に緊急発掘調査が行われ、人骨22体、貝製の腕輪193個、石製の丸玉3個、土器などが出土し、この洞窟が古代人の墓所であることが明らかになりました。
 出土した人骨22体のうち、15体には抜歯のあとが認められ、当時の風俗を知る上で、貴重な資料として注目されています。抜歯というのは、健康な歯を故意に抜く風習で、未開社会ではかなり一般的に認められるものです。
 日本では縄文時代中期からみられ、ばじめは上顎第二門歯の片側を抜く例が多く、後期には両側を抜くようになります。縄文時代晩期には、犬歯を抜く例を含め、いろいろなパターンが全国的にみられます。
 抜歯は弥生時代にも存続したとされ、その根拠となるのが、この洞窟遺跡の人骨です。しかし人骨に伴って出土した土器は、報告されたものを見る限りでは弥生土器ではなく、古墳時代の土師器と認められるものです。他に明確に弥生土器とわかるものがあったかどうかは、報告書でははっきりしないため、今後遺跡の時期については、再検討が必要とされます。人骨の一部は近くの宮ノ谷に再び埋葬され、忌部塚とよばれています。
このページについてのお問い合わせ
教育委員会生涯学習課文化財係 住所:〒294-0045 千葉県館山市北条740-1 館山市コミュニティセンター内
電話:0470-22-3698   ファックス:0470-22-6560
E-mail:syougaigaku@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?