「支えるスポーツ」にやりがい_スポーツボランティア研修会開催

最終更新日:平成28年2月29日

2月27日(土)に,館山市が正会員となっているNPO法人日本スポーツボランティアネットワーク主催のスポーツボランティア研修会が館山市コミュニティセンターを会場に開催されました。
NPO法人日本スポーツボランティアネットワーク専務理事の渡邉一利氏,同理事の東正樹氏,同事務局の但野秀信氏を講師に迎え,「支えるスポーツ」としてのスポーツボランティアの楽しみ方や心構えなどをテーマに講演を行いました。
中学生から90歳代の幅広い年代から,また,横浜市をはじめ,香取市,船橋市からの受講生を含む40人のほとんどはスポーツボランティアを体験したことがあり,さらにスキルを身に付けたいとの思いで参加された人が多かったです。
主催者は,「2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックでは,多くのボランティアを募集するが,大会2年前の2018年夏に募集が始まるだろう。それまでに経験やスキルを身に付けて,是非参加してほしい。」と呼び掛けました。
今回の研修会の参加者の約7割が2020年に行われる東京オリンピック・パラリンピックにボランティアとして参加したいという思いを持って研修会に参加しており、次回のボランティアリーダー研修会にも参加したいと感想を話していました。
日本スポーツボランティアネットークに行政として初の正会員となり,今回の講習会を共催した館山市では「若潮マラソンや館山わかしおトライアスロンなど地元のイベントでは,ボランティア一人ひとりが大会を支えている。さらに多くの方がボランティアで大会に参加して,選手らと一体感を持ってもらえればありがたい。今のうちからボランティアの経験やスキルを積み,多くの市民が東京大会に参加してほしい。」と話していました。受講者には「スポーツボランティア修了証」が交付されます。

【参加者感想】
「スポーツには自発的に参加するボランティアという存在が必要であるということを改めて確認することができた。今後,ボランティアリーダーの資格取得を目指すとともに,スポーツボランティアに参加していきたい。」
「ボランティアを通じて新しい出会いや発見ができたらいいなと思い,今回の参加を決めた。実際にアイスブレークやコミュニケーションを取ってみると思っていた以上の成果があり,参加をして本当によかった。」
 
講習会の様子
 

講師
  
 東 正樹講師       渡邉 一利講師         但野 秀信講師
 
このページについてのお問い合わせ
教育委員会教育部スポーツ課スポーツ振興係 住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3696   ファックス:0470-23-3115
E-mail:sportska@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?