2020年東京オリンピック・パラリンピック館山市推進本部及び専門部会合同勉強会

最終更新日:平成27年9月2日

陸上アメリカチームの事前キャンプ成功のカギは?
県職員を招き推進本部で,合同勉強会
2020年東京オリンピック・パラリンピック館山市推進本部(本部長田村悦智子)は,9月2日,館山市役所会議室で,先月,北京で開催された世界陸上の事前キャンプで,アメリカチームを千葉県内に誘致した千葉県政策企画課職員を招いて,2020年東京オリンピック・パラリンピック館山市推進本部及び専門部会合同勉強会を開催しました。
8月22日から30日まで北京で行われた世界陸上2015。この大会に出場するため,アメリカチーム約200人は,成田市のホテルを拠点に成田市,佐倉市,印西市にある順天堂大学のスポーツ施設に分散し,8月10日から26日まで事前キャンプを行いました。
複数の市に分散することや全体の取りまとめから千葉県が中心となって,誘致を進めてきました。
招かれたのは,今回の誘致を成功させた千葉県政策企画課国際スポーツ誘致班の東海林智之班長。
東海林班長は,「今回の事前キャンプは,ノウハウを蓄積し,2020年に成功するために行った。前例にとらわれることなく,選手目線で取り組んだこと,同時期に日本国内でキャンプをしていた他国も千葉県にやってきたこと,児童らに作ってもらった,のぼり旗や横断幕も選手らから喜ばれたことなど思わぬ嬉しい結果も得られた。どういう目的で事前キャンプを行うかが大切。」と今回の事前キャンプを振り返り話されました。


  
(講師 東海林班長)                                          (館山市推進本部 田村本部長)   
      

(勉強会風景)

 
このページについてのお問い合わせ
教育委員会教育部スポーツ課東京オリパラ・キャンプ誘致室 住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3696   ファックス:0470-23-3115
E-mail:mailto:sportska@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?