平成13年度の情報公開制度の実施状況

最終更新日:平成24年4月26日

情報公開制度は、「館山市情報公開条例」に基づき、市が保有する公文書を市民のみなさんからの請求に応じて開示する制度です。
市民のみなさんの市政への参加を促進し、より開かれた市政を実現することを目的に制定されたものです。
この制度について、平成13年度の実施状況をお知らせします。

平成13年度の情報公開制度の実施状況

公文書開示請求は2件
開示率は100パーセント

平成13年度は2件の公文書について開示請求がありました。
処理件数は5件で、内訳は開示が1件、部分開示が2件で、その他に請求を取り下げたものが2件ありました。

請求された公文書の内容は、平成13年度の残土埋立事業に関するものが3件、納税組合に関するものが2件となっています。

実施機関の決定に対して不服があった場合に行われる異議申し立てはありませんでした。

平成13年度 開示請求の内容

番号請    求    内    容
1神明町納税組合に対する奨励金の支給額が記入された書類、平成10年と11年分
2大井地区と西長田地区の残土埋立事業に関しての館山市長の県知事への意見書
このページについてのお問い合わせ
総務部総務課行政管理係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3218   ファックス:0470-23-3115
E-mail:soumuka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?