特定健康診査(特定健診)・特定保健指導

最終更新日:平成30年4月1日

特定健康診査(特定健診)・特定保健指導とは

  • ”特定健康診査(特定健診)”とは、「メタボリックシンドローム」の該当者・予備軍を抽出するための健康診査を指します。
  • ”特定保健指導”とは、「メタボリックシンドローム」の該当者や予備軍に対し、「保健指導に関する専門的知識及び技術を有する者(医師、保健師、管理栄養士など)」が行う食事や運動を主体とした保健指導を指します。
  • 館山市国民健康保険では、特定健診や特定保健指導の実施計画を策定しています。   

特定健診の内容

基本的な健診項目(受診対象者の全員が受ける項目)
  • 問診
  • 身体計測・・・・・・・・・身長・体重、BMI、腹囲
  • 理学的検査(身体診察)・・自覚症状及び他覚症状の有無
  • 血圧測定
  • 血中脂質検査・・・・・・・中性脂肪、HDL-コレステロール、LDL-コレステロール
  • 肝機能検査・・・・・・・・ASTGOT)、ALTGPT)、γ-GTγ-GTP
  • 血糖検査・・・・・・・・・空腹時血糖、ヘモグロビンA1c
  • 尿検査・・・・・・・・・・尿糖、尿蛋白
     

市が実施する特定健診の対象者

40歳以上75歳未満の国民健康保険被保険者

平成30年度~平成35年度の目標値

  • 特定健診受診率の目標値
年度 平成30年度 平成31年度 平成32年度 平成33年度 平成34年度 平成35年度
受診率 43% 46% 50% 53% 57% 60%

受診者数

4,889人 5,159人 5,414人 5,653人 5,880人 6,091人
  • 特定保健指導実施率の目標値
年度 平成30年度 平成31年度 平成32年度 平成33年度 平成34年度 平成35年度
実施率 46% 48% 51% 54% 57% 60%
利用者数 305人 342人 387人 434人 478人 525人
  • パート先の健診や個人的に受けられた方(人間ドック含む)は、市へ結果をお知らせいただくことにより、特定健診を受診したことになります。

国民健康保険税への影響

 特定健診や特定保健指導を受ける人が少ないと、国民健康保険税(国保税)の額が上がる可能性があります。
 これは、特定健診や特定保健指導を受ける人の割合が、国の示す目標値にどの程度達したかにより、館山市国民健康保険が後期高齢者医療制度へ支払う「支援金」が増減するからです。目標値に達しなかった場合、後期高齢者医療制度へ支払う支援金が最高で10%増額されるので、国保税の額に影響してきます。
 国保税額の上昇を防ぐためにも、多くの方が受診・利用し、適切な健康管理に努めることが必要とされます。
 
 
このページについてのお問い合わせ
健康福祉部市民課国保係 住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3428   ファックス:0470-23-3115
E-mail:siminka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?