守ろう!沖ノ島!自然を守る活動に参加しませんか?「アマモの種子選別会」開催!

最終更新日:平成29年9月6日 イベント・催し

概要

館山市沖ノ島の「アマモ場再生」に向けて、官民でつくる「沖ノ島について考える検討会議」は、地域ぐるみで沖ノ島の豊かな自然を守るため広く市民の参加を呼びかけ、9月9日(土)、6月に採集した花枝からの種子選別会を、同市お茶の水女子大学湾岸生物教育研究センターで開催します。

海草のアマモがまとまって生える「アマモ場」は、小さな海の生き物が生息し、産卵場となり「海のゆりかご」と呼ばれています。沖ノ島周辺では広く生息していたが平成25年の台風による砂の流出、その後の魚による食害等によって減少してしまっており、検討会議では、NPOたてやま・海辺の鑑定団を中心に「地球環境基金助成」を受け、原因究明を進め、今年度から沖ノ島のアマモ場再生の実践活動に入っています。

アマモ場再生に向け、今回の活動では種の選別を行い、11月頃に種を播いて育苗し、来年5月頃に島の砂州北側に移植する計画で、講師には検討会議のアドバイザーで海洋環境専門家の木村尚さんを迎え、同センターのセンター長でもあるお茶の水女子大学の清本正人准教授の協力を得て実施します。

詳細はこちらをクリック⇒≪アマモの種子選別会のご案内≫
 

開催日時

平成29年9月9日(土曜日)
9:00 受付開始

開催場所

お茶の水女子大学 湾岸生物教育研究センター
館山市香11
※沖ノ島が会場ではありませんのでご注意ください。

申し込み方法

電話またはEメールで、NPO法人 たてやま・海辺の鑑定団まで。
TEL:0470-24-7088
E-mail:info@umikan.jp
詳しくはこちらをクリック⇒≪たてやま・海辺の鑑定団ホームページ≫

定員

先着50名程度(小学生以上 1-3年生は保護者と参加)

主催者

沖ノ島について考える検討会議
このページについてのお問い合わせ
経済観光部商工観光課観光施設係 住所:〒294-0036 千葉県館山市館山1564-1 渚の駅たてやま内
電話:0470-22-3346   ファックス:0470-24-2404
E-mail:shoukan@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?