不在者投票と違う点は?

最終更新日:平成24年4月26日




投票の資格を投票日現在ではなく、投票をした日で判断します。

 不在者投票は、投票日に資格のある人しか投票できません。このため、投票した方は封筒に投票用紙を入れ、自分の名前を書いていただいています。(資格を失った場合その方の投票を特定するため)
 期日前投票では、投票した日に資格があればよいこととなりますので、投票用紙を封筒に入れる必要も、自分の名前を書く必要もなくなります。直接投票箱に入れることができます。

告示・公示日は投票することができなくなります。

 今までの選挙では、告示・公示日から選挙期日の前日まで不在者投票をすることができました。しかし、これからは告示・公示日は投票することができなくなります。これは、告示・公示日は立候補の受付を行なう日でもあり、午後5時にならないと立候補者が確定しないため、有権者の皆様に正確な情報をお知らせすることができないこと、無投票の可能性が高くても無投票が確定していないため投票を受け付けなければならないこと、などに対応しようとするものです。これは、不在者投票にも該当することですのご注意ください。
このページについてのお問い合わせ
選挙管理委員会事務局選挙係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3523   ファックス:0470-23-3115
E-mail:senkan.j@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?