【地産地消推進店情報】オラーガ

最終更新日:平成28年6月20日

東京湾と太平洋、海に囲まれた西岬地区ならではの店が誕生しました。名前は「オラーガ」。おらが(=私の家)という地元の言葉をもじった店名には、この店を切り盛りする飯沼優美子さんの思いがつまっています。
地域のお年寄りたちの「買い物に行くのが大変」「一人分のごはんを作るのは面倒だけど手作りの料理が食べたい」「気軽におしゃべりに行ける場所があるといいのに」といった声を聞き、それならおらがに来やっしぇ~よと店をオープン。毎日食べてもらえるように、と安くておいしい手作り弁当の販売・配達をしています。
地の魚介や海藻をふんだんに使ったお弁当はなんと500円! サザエやトコブシ、ハバノリといった高級食材が使われることもしばしば。「地元の人を相手に儲けられないでしょ」と笑いながら、魚の骨を抜いたり、やわらかい食感にしたりと高齢者への心遣いにあふれたお弁当やお惣菜をテキパキと作りあげていきます。
魚介の調達は釣り船の船長をしていたご主人の担当。釣りあげた魚はその場で血抜きなどの下処理を施し、鮮度を保ったまま店へと運ばれます。それを調理するのが優美子さん。魚嫌いの人もわざわざ食べに来ると評判の磯料理は、長年の経験で培った技術と味に裏打ちされた逸品ばかりです。たしかな味とワンコインという低価格が評判となり、瞬く間に観光客でもにぎわう人気店となりました。魚か肉のメインに惣菜2品がつくお弁当は、カウンターに並んだ大皿料理の中から好きなものを選ぶことも可能。お弁当屋さんですが、ほとんどの人がお味噌汁のサービスがある店内で食べるのだそう。のんびり海を眺める人、料理のレシピを教わる人、話に花を咲かせるご近所さんたち。おいしい料理を食べながら人とのふれあいも楽しめるこの店は、訪れる人の“おらが”にもなっているようです。

【お問い合わせ】オラーガ TEL0470-29-1567 メインの魚か肉に副菜2品がつく日替わり弁当
メインの魚か肉に副菜2品がつく日替わり弁当
海が目の前という絶好のロケーション
海が目の前という絶好のロケーション
このページについてのお問い合わせ
経済観光部農水産課食のまちづくり係 住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-29-5385   ファックス:0470-23-3115
E-mail:nousuisanka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?