野生動物を見かけたら

最終更新日:平成28年6月22日

イノシシ等の野生動物は、農作物に被害をもたらすだけでなく、野外で遭遇すると危険な場合があります。
館山市でも、住宅地付近での目撃情報がありますので、注意をお願いします。
 

出会ってしまったら

大声をあげたり、後ろを向いて逃げると、相手を刺激して攻撃されやすくなります。
静かに後ろに下がり、距離を取って動物が立ち去るのを待ってください。近くに隠れる場所があれば、姿を見えなくすることで、相手の警戒心を下げることができます。
野生動物は、エサやなわばりを守るために人を襲います。刺激せず距離を取ることが最大の防御手段です。
 

目撃したら、足跡を見つけたら

野生動物が活動しやすい環境を作らないようにしましょう。
・道端や空き地の草を刈って、動物が隠れる場所を無くしましょう。
・野生動物のエサになる生ゴミや残飯を外に置かないようにしましょう。畑や果樹の収穫の残りも動物を引き寄せる原因になります。
・外出時は、鈴等の音を立てる物を身に着けて、人が近づいていることをアピールしましょう。野生動物も人間を怖れているので、人が現場を定期的に歩くことも有効な手段です。
・犬を放すと、追われた動物が思わぬ事故を起こすことがあります。犬のリードは絶対に放さないでください。
・野生動物が現場を立ち去らず、危険な場合は市役所に通報してください。
・被害は市役所や町内会に連絡して、地域で対策を講じましょう。野生動物が近づく原因が除かれないうちは、再び被害が発生する可能性があります。
 

通報するときは

被害防止対策をとるため、下記の内容を伝えてください。
・種類と数(イノシシ3頭の親子連れ、サル1頭等)
・場所(市内○○地区、××付近の路上)
・時間(○月○日、午前○○時頃)
・目撃者(氏名、住所、電話番号)
・目撃状況(姿を見た、○○に被害、通行に危険を感じた等)

 
このページについてのお問い合わせ
経済観光部農水産課耕地係 住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3396   ファックス:0470-23-3115
E-mail:nousuisanka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?