飼料用米の推進について

最終更新日:平成28年8月30日

主食用米から飼料用米への転換を推進しています。

 米の年間1人当たりの消費量は、年々減少し、平成26年度には55.2kgと、ピークである昭和37年度の118.3kgから半減しました。
これに伴い、全国の米の需要量も減少し、平成27年7月から28年6月までの1年間の需要実績は770万トンとなりました。需要に対し生産量が上回ると、在庫量が増え、市場の下落を招きます。
 このような状況から千葉県は、主食用米の需給改善を行い、農家の経営の安定を図るために水田で米を作付しながら生産調整のできる飼料用米への転換の推進をしています。
 現在作付している主食用米を飼料用米として出荷することで、国や県から助成が受けることができ、主食用米と同様、もしくはそれを上回る収入が確保できるという試算もあります。
 助成を受けるには平成28年度 経営所得安定対策に加入していることが条件となります。主食用米から飼料用米に転換を希望される方につきましては、今年度は6月30日を持ちまして終了いたしました。
 飼料用米を出荷するには、出荷先との契約が必要となります。契約先の一つとして、住友商事株式会社からの受入情報がございますので、別添をご参照ください。 

飼料用米の買取について(住友商事)PDF
 

【問い合わせ先】
館山市地域農業再生協議会事務局(館山市農水産課内)
担当:山口
電話:0470-22-3396


関連リンク先(制度情報等)

飼料用米関連情報について(農林水産省HP)

平成28年度版 経営所得安定対策の概要 (農林水産省HP)



 

Adobe Reader ダウンロード PDF形式の閲覧には、Adobe Reader(無償)が必要です。 お持ちでない方は、下記ページからダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ
経済観光部農水産課農政係 住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3396   ファックス:0470-23-3115
E-mail:nousuisanka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?