【生産者情報】ヒマワリ~山口純子さん~

最終更新日:平成27年6月18日

館山は温暖な気候を活かして、色々な花の生産も盛んですが、その中でもヒマワリは隠れた名産品。市場では西岬のヒマワリはかなり有名ですが、地元ではあまり知られていないように感じます。今回は父の日を目前に、JA安房花卉部西岬共撰部会の山口純子さんにお話を伺いました。

取材に伺った日、一面にヒマワリが咲き誇った風景が見られると楽しみにしていた私ですが、行ってみるとまだ蕾の状態。というのも、収穫してからお店に並ぶまでに中2日かかる為、店頭に並んでから綺麗な状態を出来るだけ長く保つために、蕾の状態で出荷するのだそうです。しかもまっすぐ伸びた茎を、90cmの長さで出すという規格がある為、茎を長く成長させてから花を咲かせなければならなかったり、葉からの水分の蒸発を防ぐため、葉を取らなければならないなど、とても手間がかかるようです。
西岬の土壌が砂地であることがヒマワリ栽培にも適してはいますが、水はけがよすぎるので水やりも欠かせないようです。そうして手間ひまかけて育てられた西岬のヒマワリは、花屋さんの店頭に並ぶときに最もきれいな姿で、見る人の心を元気にしてくれます。

一言にヒマワリといっても、種類は豊富で、育て方も出荷の仕方も少しずつ異なります。JA安房花卉部西岬共撰部会の方々は、それぞれの特徴を熟知して、綺麗に咲かせるために丹精込めて育てています。お店に並んでいるヒマワリが何という種類なのか、お父さんにプレゼントして教えてあげるのも良いかもしれませんね。

【お問い合わせ】JA安房花卉部西岬共撰部会
【JA安房花卉部西岬共撰部会HP】http://sun.ap.teacup.com/nishizaki/

丁寧に長さを切り揃える山口さん
丁寧に長さを切り揃える山口さん
サンリッチオレンジは、手前に移っているくらいの蕾の状態(かたぎり)で出荷します。
サンリッチオレンジは、手前に移っているくらいの蕾の状態(かたぎり)で出荷します。
東北八重は、花を咲かせた状態で出荷します。
東北八重は、花を咲かせた状態で出荷します。
このページについてのお問い合わせ
経済観光部農水産課農政係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3396   ファックス:0470-23-3115
E-mail:nousuisanka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?