【地産地消推進店情報】 BANNI CAFE

最終更新日:平成27年6月18日

館山市の地域おこし協力隊を今年3月に卒業した太田豊さんが、ご夫婦で経営している農家カフェが、国道沿いの房州カントリーの看板を左折して少し入った右側にあります。「地元の食材を使って、形式ばっていない、気軽に入れるお店を作りたい。」地域おこし協力隊として3年間抱き続けてきた思いを実現させて出来たのが、このお店。HPなどでの宣伝はなく、今まで築き上げてきたご縁を大切にしながら、口コミでどんどんファンが増えていっています。
ランチタイムとカフェタイムで食べられる料理は、素材の持ち味を活かしたものばかり。地元のお客さんが、「館山の野菜ってこんなに美味しいんだ!」と驚くそうです。奥さんの亜也子さんは、「野菜がおいしいと、料理もそんなに手を加えなくて良いんです。」と笑顔で話してくれますが、そこはお二人の腕前と来てくれる方への愛情があってこそ。ランチデザートやカフェタイムに食べられるデザートは、亜也子さんが試行錯誤を重ねて現在も進化中。手作りのフルーツソース付きのフレンチトーストやパンケーキは、このソースがまた絶品‼甘さを抑えてイチゴなどの果肉と素材そのものの味を活かしてあり、老若男女問わず別腹でたいらげられる一皿です。一つ一つ個性のある食器にもご注目♪
『BANNI CAFÉ』という店名の由来は飼っている猫の“バニラ”から。13匹飼っている猫のうちバニラ1匹だけが白猫。自分たちも東京から移住してきた異色の存在だけど、バニラのように周囲に埋もれず、個性を出していきたいという思いが込められています。(“バニラカフェ”にしなかったのは響きの良さから)
そんなお二人は、これから新たに館山に移住してくる人の架け橋になりたい、と仰っていました。「自分たちが地道に築き上げてきたことは、全て出会えた方々のおかげ。このカフェで自分たちの経験を新しく来る人にアドバイスしたり、お世話になった方々へ恩返しする場にしたいし、今後も飽きられないカフェにしていきたい。」そう語ってくれた太田夫妻は、地場産野菜の良さを再発見できる料理だけでなく、人と人との縁を新たにつなぎ、さらに強い絆にしてくれるきっかけをも提供してくれているように思います。

【お問い合わせ】BANNI CAFÉ(バニカフェ) 090-4827-2528(太田)

ランチメニュー。(上)メインのパスタ (下左)前菜 (下右)デザート
ランチメニュー。(上)メインのパスタ (下左)前菜 (下右)デザート
おしゃれな店内。個性のあるテーブルも、組み合わせて少人数のパーティーなどに対応可能。
おしゃれな店内。個性のあるテーブルも、組み合わせて少人数のパーティーなどに対応可能。
店舗外観と太田夫妻。
店舗外観と太田夫妻。
このページについてのお問い合わせ
経済観光部農水産課農政係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3396   ファックス:0470-23-3115
E-mail:nousuisanka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?