【生産者情報】トマト~たてやまかおり菜園~

最終更新日:平成26年11月26日

館山市内の直売所で良く見かける「王様トマト」。今回はこの王様トマトをはじめ、ミニトマトや様々な季節の野菜を栽培している「たてやまかおり菜園」の小宮ご夫妻からお話を伺ってきました。
たてやまかおり菜園は、年間を通じて約50品目もの野菜をご夫婦で栽培しています。その中でも主力はトマト。王様トマトの他に色も形も様々なミニトマトも20種近く栽培しています。館山市を含む南房総エリアで、通年でトマト栽培を行っている農家さんはほとんどないそうですが、たてやまかおり菜園ではビニールハウスを利用するとともに、栽培方法も工夫をして1年中途切れることなくトマトを出荷できる体制を整えています。
夏野菜のイメージがあるトマトですが、実はトマトは高温多湿が苦手です。たてやまかおり菜園の王様トマト一番おすすめの時期は2~5月頃。もっとも味が凝縮する時期で、その中でも選りすぐったトマトを「濃コクトマト」として販売します。選ばれしトマトですので、見つけた際は即購入することをお勧めします。
たてやまかおり菜園のトマトや野菜は近隣の直売所でも購入できますが、個人宅向けの「安心野菜のお届け便」というサービスも行っています。季節の野菜と地元宮本養鶏の卵をセットにして、市内のお宅であれば直接お届けするというありがたいサービスです。また年間を通じての農業体験・収穫体験も受け付けています。色とりどりで形も様々なミニトマトをはじめとした季節毎の野菜の収穫体験や、食育を交えた種まきや苗植えなどの農業体験も1年中体験することができます。
「安心野菜のお届け便」や「農業体験・収穫体験」にご興味のある方は、直接たてやまかおり菜園へお問い合わせください。
小宮さんは「植物も生き物で“モノ”として見てはないけない」と仰っていました。トマトには必要な時に必要な分の水を与える。それを間違えると、変形や割れなどとしてすぐに表れるそうです。生き物として接し育てていくことが、美味しく安心な野菜を栽培するコツなのかもしれませんね。
【お問い合わせ】090-1797-9079(たてやま かおり菜園) 珍しいほおづきトマト
珍しいほおづきトマト
収穫体験のためにアーチを作りました
収穫体験のためにアーチを作りました
小宮さんご夫婦
小宮さんご夫婦
このページについてのお問い合わせ
経済観光部農水産課農政係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3396   ファックス:0470-23-3115
E-mail:nousuisanka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?