【生産者情報】いちご~井上正之さん~

最終更新日:平成26年1月7日

館山を代表するフルーツと言えば、早春のいちご。1月2日からはいちご狩りもオープンしています。今回は井上さんのハウスにお邪魔して、栽培の様子を取材しました。
井上さんの大きいハウスに入ると、いちごのいい香りが広がります。井上さんのハウスで栽培されているのは紅ほっぺと章姫(あきひめ)の二品種。紅ほっぺは香り高く、甘みと酸味のバランスが取れた味。また果実が大きく傷みにくいのが特徴。章姫は甘みが強く酸味は控えめなので、お年寄りから子供まで誰にでも好まれる味です。私も収穫したての紅ほっぺを食べてみました。香りが素晴らしく、ジューシー!そして一番感動したのが、いちごの艶!表面が光り宝石みたい、これが新鮮な証拠ですね。
この美味しいいちごを作る上で、一番大変なのはパック詰めの作業。すべて手作業で、最盛期は朝の6時から夜中の12時までいちごを詰めることもあるそうです。いちごはデリケートで少しの傷がいたみを早めるため、どんなに忙しくても井上さんひとりで丁寧にパック詰めしていきます。そのおかげでパックのいちごがあんなに綺麗なまま食べられるんですね。
いちごは天候の良し悪しで収穫のバランスが左右されますが、寒い時期の方が身もしまり食感がいいそうで、特にいちご狩りは今から2月にかけての時期がおすすめ。日にちによっては食べられる品種が限られることもあるので、前もって館山いちご狩りセンターに確認してみるのが確実だそうです。
旬を迎える館山のいちご、ぜひいちご狩りでも楽しんでみてください。
【お問い合わせ】館山いちご狩りセンター 0470-22-3466
【ホームページ】館山いちご狩りセンター つやつやの紅ほっぺ
つやつやの紅ほっぺ
収穫されたいちごたち
収穫されたいちごたち
丁寧にパック詰めしていきます
丁寧にパック詰めしていきます
このページについてのお問い合わせ
経済観光部農水産課農政係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3396   ファックス:0470-23-3115
E-mail:nousuisanka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?