【生産者情報】食用なばな~鈴木光平さん~

最終更新日:平成26年1月7日

ただ今旬真っ盛りの食用なばな。今回は束ねられた姿で出荷する「安房菜の花」を取材しました。
束ねられた食用なばなはその品質の高さ、均一な形などから料理がし易く、人気があります。品質を統一するために重さや本数などにも決まりがあり、出荷途中に花が咲くのを避けるためつぼみの大きいものは入っていません。鈴木さんも「束ねる作業が一番大変なんです。」と話します。全て手作業で、しっかり生産者が自身の目で見て見極めるというのも安心できますね。菜の花を束ねている巻き紙にも秘密があります。まず色、この紫色はなばなの緑色の反対色で一番なばなが鮮やかに映える色になっています。また生産者番号と、なばなを食べたことのない人のために調理法も紹介されています。
その束ねたなばなを新鮮なまま出荷するために、安房地域のなばなが集まるJA安房本店では真空予冷設備を導入しています。この設備により短時間でムラなく均一に冷却することができ、これにより午前中とれたなばなを鮮度を保ったままその日のうちに出荷できるんだとか!
煮びたし、吸い物、炒め物、天ぷらなど、調理のバリエーションは実に様々ななばな。鈴木さんのお宅ではピーナッツ和えやパスタにすることが多いそうですが、油脂と一緒に調理すると、カロチンの吸収率を高めることができるのでおすすめです。また茹でる場合はビタミンCを逃さないために、茹ですぎずに茹でた後は水にさらしたりせず冷ますのがベスト!私も鈴木さんのなばなを食べたのですが、苦みの中に甘みがあり新鮮でとても美味しかったです。
ぜひ館山の旬の味「食用なばな」、色々なお料理で味わってみてください。

【お問い合わせ】安房農業協同組合 0470-24-9111
なばな収穫中
なばな収穫中
なばなを丁寧に束ねます
なばなを丁寧に束ねます
真空予冷庫に運ばれ、出荷
真空予冷庫に運ばれ、出荷
このページについてのお問い合わせ
経済観光部農水産課農政係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3396   ファックス:0470-23-3115
E-mail:nousuisanka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?