【生産者情報】パッションフルーツ~鈴木光雄さん~

最終更新日:平成25年7月1日

観光いちご狩りセンター「豊房いちご園」を経営するかたわら、パッションフルーツを栽培して次の農業経営の展開を模索している鈴木光雄さん。「農業で元気な豊房を目指す会」の代表も務め、体験農業などで周辺農地の活用を図り地域活性化のリーダーとしても活躍しています。
今回取材したのは旬を迎えている「パッションフルーツ」、市内で生産している農家さんはごくわずか。
もともとイチゴを作っていた光雄さんですが「イチゴだけで終わったら俺の人生おもしろくない!」と思い、数年前に友人が父島から持ち帰った苗を植えてみたところ実がなったそうです。
私は実を食べるのは今回が初めてでしたが、まず香りが素晴らしい!トロピカルな香りで、実はゼリーのよう。パリパリした種も食べられるので二種類の触感が楽しめます。
光雄さんは加工品の開発にも積極的で、今はパッションフルーツのアイスクリームが販売されています。食べてみると、すっきりしていて美味しい!さらに実をアイスクリームの上にかけると、香りが増して見た目もさらに美味しそうになります。焼酎と割ったり、ヨーグルトや豚肉料理のソースにもさっぱりしていておすすめです。
光雄さんのパッションフルーツの特徴は、他の地域のものに比べて糖度が高くぶどうよりも甘いそう。その秘密を調べるため、現在東京農業大学の学生が実を研究しているとのこと。
パッションフルーツは事前にお問い合わせ(鈴木光雄さん:0470-22-4717)していただければ、お買い求めいただけるそうです。また加工品のパッションフルーツのアイスクリームは渚の駅内の「ミュージアムショップKIRA」でお買い求めいただけます。是非一度食べてみてください!
香りが素晴らしい実
香りが素晴らしい実
パッションフルーツの花
パッションフルーツの花
パッションフルーツと鈴木光雄さん
パッションフルーツと鈴木光雄さん
このページについてのお問い合わせ
経済観光部農水産課農政係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3396   ファックス:0470-23-3115
E-mail:nousuisanka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?