【生産者情報】ひまわり~山崎大祐さん~

最終更新日:平成25年5月30日

5年前から実家を継いで就農し、2年前からJA安房西岬共撰ひまわり部会長に就任した山崎大祐さん。西岬地区の坂井で、ひまわりとストックを作っています。
今回はこれから6月の第3日曜日の父の日に向けて出荷ピークを迎える、ひまわりを取材しました。山崎さんは西岬のひまわりのブランド化にも積極的で、「個の力ではなく、産地として頑張っていく」と話してくれました。東京に出荷されるひまわり全体のうち、西岬のひまわりのシェアはなんと約3割というから驚き!
その魅力は、なんといっても日持ちが良い!山崎さんにその秘密を伺うと、西岬の土壌にあるそう。「綺麗なひまわりを作るには、水や養分が多すぎてはダメ。ここの水はけの良い砂地が引き締まった細い茎をつくる。」と教えてくれました。西岬のひまわりは無花粉でつくっているので、花束にしやすいという特徴も。
また種類も豊富で、西岬では16種類のひまわりが出荷されます。山崎さんのハウスで咲いていたのは「サンリッチオレンジ」。明るいオレンジ色で中心が黒い、ひまわりらしいひまわりです。他に「東北八重」という、黒い部分のない豪華なものも。種類は違っても、みんな太陽の方を向いて咲いていました。
大変なのは暑い中の薬の散布。お邪魔したときも散布の最中だったのですが、マスクなどを装着した姿でのビニールハウスの中は、とっても暑そう・・・この作業は花が咲くまで2週間おきに行うとのこと。
今年の出来は順調で、8月までひまわりが楽しめます。館山の誇るブランド「西岬のひまわり」父の日だけでなく、大切な人やご自分へのプレゼントにいかがでしょうか。
豪華な「東北八重」
豪華な「東北八重」
砂地にまっすぐ伸びたひまわり
砂地にまっすぐ伸びたひまわり
山崎大祐さん
山崎大祐さん
このページについてのお問い合わせ
経済観光部農水産課農政係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3396   ファックス:0470-23-3115
E-mail:nousuisanka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?