【地産地消推進店】ペンション フローラ

最終更新日:平成24年12月13日

洲宮の畑の奥の奥。ひっそりと佇む緑に囲まれたかわいらしいペンションがあります。
途中の道々には木で作られた手作りの小さな看板。そこに書かれるペンションの名前は「フローラ」。いくつもいくつも畑の曲り角に親切に丁寧に。宿に来るお客様が迷わないようにとの配慮がなされています。そんなフローラのオーナーと奥様はやはりとても優しいご夫妻。
一番初めに素敵だと思ったのは、「たてサポカードの特典を下さい」とお願いしたときに提供してくれた特典でした。地産地消にまつわるものを・・・とお願いした中、真っ先に「うちは自分のうちで育てている元気な鶏の卵で卵かけごはんを提供するよ!」と言って下さったんです。そして、取材を兼ねてお邪魔することになったのですが、卵かけごはんだけでいいですからねと言ってあったのに、アジのお刺身と小鉢までつけてくれて「食べなさい」とほほ笑まれたときには、もう、ご夫妻の虜になってしまったのでした。
炊きたてのご飯にかける卵はもちろん、お二人が大事に大事に愛情を注いでいる元気な鶏の卵!。大きくて立派なその卵は殻のしっかりしたとれたての新鮮卵で、殻を割ると、こんもりと、また、ぷっくりとしていてなんともおいしそう。それもそのはずです。庭の奥にある鶏たちの運動場を見せてもらうと、畑を半分使用して建てられているなんとも広い囲いがあり、その中で鶏たちが元気に動き回っています。かわいがられている証拠に、お二人が近づくと寄ってきて、奥様の膝の上で撫でられるのを順番に並んで待っているほどです!。
また、周りを見渡せばたくさんの花々も咲いており、ハーブ等も群生している素敵なお庭になっています。そういえば入口には立派なレモンの木もありました。
また、器用なご主人は、なんでも作ってしまうほどの日曜大工のプロで、庭の一角には、ご自分の趣味部屋も手作りで建ててしまい、今は窯を制作中だそうです。こつこつと作られているそうで、手作りのパンやピザがメニューに並ぶ日も遠からず、楽しみですね。
宿の自慢を伺うと、「居心地が良いとお客様に言ってもらえることが嬉しいです。うちは昭和55年の開業以来、宿の中で貴重品を落とされた方がいても、一度も無くなったことがない。それは何よりの自慢ですよ。」とおっしゃっていました。
もてなす側とされる側、その中に確たる信頼関係を築けるのもお二人の人柄に他なりません。洲宮の畑の奥の奥。素敵なご夫婦のいる素敵なペンションを訪れてみてはいかがですか?
ペンション フローラ
ペンション フローラ
フローラの奥様&元気な鶏 新鮮卵の卵かけごはん!
このページについてのお問い合わせ
経済観光部農水産課農政係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3396   ファックス:0470-23-3115
E-mail:nousuisanka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?