【地産地消推進店】カジュアルフレンチ トックブランシュ

最終更新日:平成24年12月13日

青い空に映えるピンクと白のかわいらしいレストラン。「カジュアルフレンチ トックブランシュ」。店名の「トックブランシュ」とはコックさんがかぶるコック帽のことで高ければ高いほどシェフの位が高いことを表しているそうです。
さて、その帽子をかぶるのは・・・。真っ白なコック服がとってもお似合いなこの店のムッシュー、やさしい笑顔と魅惑の味付けで館山マダム達を虜にする宮澤シェフです。
お伺いしたランチ時も店内は女性のお客様で溢れていました。その日は特にご年配の女子会が多かったようでお食事を楽しんでいるマダム達がみな口々に「おーいしい~!」と話しているのが聞こえます。店内も明るくやさしい光が窓から降り注ぎお食事を待っているだけで幸せな気分になります。
地産地消メニューとしては地元の渡辺孵卵場の卵を3つ使用した「館山オムレツランチ」や地魚の3種のムニエルがメインの「ランチCコース」があり、またディナーもシェフが思考を凝らした至極のメニューの数々がリーズナブルなお値段で味わえると評判です。この日は地魚Cランチをご馳走になりましたが、透き通るように美しいオードブルから、かわいくていただくのがもったいないくらいのデザートまで、見た目も食べごたえも、そして、もちろん味も大満足でした。
メインの地魚のムニエルはメダイ、コチ、キントキダイ(その日の仕入れによって魚種はかわります)の触感の違った3種類の白身魚が一度に味わえてとても贅沢!しかも季節の野菜が上手に使われていてヘルシーな感じがするのも魅力的です。それもそのはず。ムッシューにお話しを伺うと健康をテーマとしていきたいとのことで、「最近ではメタボリックを気にする方が増えました。でも、食べることを我慢するのはもったいないこと。だから健康を維持できて、なおかつ、おいしい料理を作っていきたいんです。」とお話しして下さいました。そんな同店だからこそ、女性の気持ちを引き付けて離さないのかもしれません。お料理もさることながら、月に2度開催される同店の料理講習会も大人気で予約の受付と同時に一杯になってしまうほどの人気ぶりだそう。そんな中、運が良ければ未来のシェフに会えるかも!?かわいらしいシェフのお孫さんのチビムッシューもアシスタントとして参加することがあるそうです。そして、不定期で更新されるスタッフブログですが、びっくりするような同店の賄いの数々が紹介されていて、とっても面白いです。皆様もぜひ覗いてみてください!
美味しくて体に優しいお料理を提供し続けるトックブランシュ。そのドアを開け一歩店内に踏み込んだら、あなたも間違いなく虜になってしまうに違いありません。
宮澤シェフ
宮澤シェフ
地魚のムニエル(ランチCコース)
地魚のムニエル(ランチCコース)
このページについてのお問い合わせ
経済観光部農水産課農政係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3396   ファックス:0470-23-3115
E-mail:nousuisanka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?