【直売所情報】館山市九重自然薯組合直売所 ~自然薯出荷始まりました~

最終更新日:平成24年11月20日

館山の九重地区で自然薯を栽培している生産者さんがいます。九重自然薯組合。所属する4名の農家さんで年間約1万本余りの自然薯を生産しているそうで、直売所では立派な自然薯がお出迎えをしてくれます。
奥では生産者のおじいちゃんたちが仲良くストーブに当たっていて、訪ねてくるお客様を暖かい笑顔で迎えてくれます。
この直売所が開いているのは11月から1月まで。期間限定で販売されているのですが、その味のよさに他県からも常連のお客様が見えるそうです。
たしかに自然薯といえば「山菜の王者」といわれ、他の山芋に比べ粘りが強くまた栄養価も豊富です。おかみさんにお話しを聞くと、おすすめは、みそ仕立てのとろろ汁だそうで味のしっかりした自然薯だからこそ、みそにも負けない風味が残り非常においしいのだと話してくれました。
あんなに長い自然薯を折れないように大切に丁寧に掘るのには技術がいるでしょう。生産者の皆さんにすごいですね・・・と言うと「たいしたこたぁねーよ。でも栽培方法は企業秘密だからね。」と、いたずらっぽく笑いました。
自然薯は皮を向かずにそのままいただくのですが、「よくバーナーで髭のところを焼いてますよね。」というと大笑いされて、「あれは髭じゃなくて毛根、根っこなんだよ。」と教えてくれました。「わざわざ炙らなくても、たわしで擦ればいいから。」とも教えてくださり、おじいちゃんは生の自然薯をパクリと食べていました。
皆さんがお元気なのは、この自然薯パワーのおかげなのかもしれません。
自然薯の直売所なので、もちろん自然薯しか置いてありませんが、どの直売所よりも生産者さんが身近で暖かく感じられる直売所です。
「あまり知られていないから館山でも自然薯が採れることをたくさんの方に知ってほしいです。」と話してくださった組合長。
千葉エコ農産物でもある九重自然薯組合の自然薯。ぜひみなさんも召し上がってみてください。

TEL 0470-22-9610 組合長の田中さん
組合長の田中さん
生産者の亀田さんが暖かくお出迎え
生産者の亀田さんが暖かくお出迎え
丹精込めて生産された自然薯
丹精込めて生産された自然薯
このページについてのお問い合わせ
経済観光部農水産課農政係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3396   ファックス:0470-23-3115
E-mail:nousuisanka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?