豊房地区のセンリョウ

最終更新日:平成24年4月26日

豊房地区のセンリョウ

概要
昭和40年代から50年代に、豊房花卉生産組合を中心に生産が急激に増えました。
現在は、高品質のものが出荷されるようになり、市場で賞賛されています。
センリョウには赤実と黄実がありますが、赤実センリョウの栽培が多く、12月には正月用のおめでたい枝ものとして一斉に市場出荷されます。
品質が良いため京浜市場を中心に高値で取引されています。

見ごろ
11月から12月上旬が見ごろですが、土壌病害の関係からほ場に入ることはご遠慮願っています。
遮光施設を設けて栽培を行う方法が一般的です。


 
遮光施設のなかで栽培しています 正月用に向けて市場へ一斉に出荷されます
遮光施設の風景(館山市畑) 遮光施設内部(実が生る前)
このページについてのお問い合わせ
経済観光部農水産課園芸係
住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3397   ファックス:0470-23-3115
E-mail:nousuisanka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?