後期高齢者医療制度の保険料

最終更新日:平成28年4月1日

後期高齢者医療制度の保険料について

  後期高齢者医療制度では、原則として対象となる被保険者全員が保険料を納め
  ます。
  保険料は、一人あたりいくらと決められる「均等割額」と被保険者の所得に応じて決められる
  「所得割額」を合計して、個人単位で計算されます。

保険料の決まり方(平成30・31年度)
  保険料=(1)被保険者均等割額+(2)所得割額(上限額は62万円)
  (1)被保険者均等割額 41,000円
   加入者全員が人数割で負担する額
  (2)所得割額 7.89%
   加入者の所得に応じて負担する額
   被保険者の前年の所得に基づき計算します。
   (総所得金額等-基礎控除額330,000円)×7.89%

保険料の軽減措置

  所得の低い人や、これまで保険料を自分で払っていなかった被扶養者だった人は保険料が
  軽減されます。

所得の低い人の軽減措置

  ◆被保険者均等割額の軽減
  被保険者均等割額については、世帯の所得水準にあわせて、下表のとおり軽減されます。
軽減割合 世帯(被保険者および世帯主)の総所得金額等 軽減後の均等割額
9割軽減 8.5割軽減に該当し、世帯内の被保険者全員が年金収入80万円以下で
他の所得がない世帯
4,100円
8.5割軽減 基礎控除額(33万円)を超えない世帯 6,150円
5割軽減 基礎控除額(33万円)+27万5千円×世帯の被保険者数
(被保険者である世帯主を除く)を超えない世帯
20,500円
2割軽減 基礎控除額(33万円)+50万円×世帯の被保険者数を超えない世帯 32,800円
 ※年金所得の場合、総所得金額等から15万円が特別控除されます。
 ※平成30年度から、所得割額の軽減はなくなりました。

被扶養者だった人の軽減措置

  健保組合などの被扶養者だった人は、保険料の所得割額は課されず均等
  割額が5割軽減されます。

対象となる人
  後期高齢者医療制度加入の前日に健保組合、共済組合、船員保険など(国民
  健康保険以外の健康保険)の被扶養者だった人
  ※上記に該当する人で、保険料額決定通知書を確認の上、保険料の軽減がされていない人は、
   館山市役所市民課高齢者医療年金係または千葉県後期高齢者医療広域連合まで
   お問い合わせください。

保険料の納めかた

  年金が年額18万円以上の人の場合は、保険料は年金からの天引き(特別徴収)となります。
  それ以外の場合は個別に市町村に納めます(普通徴収)。
  また、介護保険料とあわせて保険料額が年金額の2分の1を超える場合は、年金からの天引きの
  対象にはなりません。

年金天引きから口座振替への納付方法の変更手続きについて
  保険料が年金からの天引き(特別徴収)の人の場合でも、以下の手続きをしていただくと
  口座振替で納めることができます。
  (1)金融機関の窓口で口座振替利用の申込みをしてください。
   (口座振替依頼書等は金融機関の窓口にあります。)
  (2)依頼書等のご本人控え・印鑑(認印可)・保険証をお持ちの上、市民課高齢者医療年金係の窓口にお越しください。
  (3)窓口にて納付方法変更申出書に記入、押印していただいて手続き完了です。
 ※詳しくは、館山市役所市民課高齢者医療年金係(0470-22-3418)までお問い合わせください。


 
 
後期高齢者医療制度については下のページヘ
 ⇒千葉県後期高齢者医療広域連合のホームページ
  (別ウィンドウが開きます。)
このページについてのお問い合わせ
健康福祉部市民課高齢者医療年金係 住所:〒294-8601 千葉県館山市北条1145-1
電話:0470-22-3418   ファックス:0470-23-3115
E-mail:siminka@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?