たてやまワクワク探検隊「ゲンジボタルを見に行こう」

最終更新日:平成25年6月12日

ほたる1 ほたる2 ほたる3
館山市中央公民館講座「たてやまワクワク探検隊 ~ゲンジボタルを見に行こう~」を6月9日(日)に市内谷藤原周辺で開催しました。
当日は、ホタル観察日和の天候に恵まれ、親子13組、42名の参加者が幻想の世界を堪能しました。
 この講座は、自然に恵まれた地域の中で親子がともに野外体験活動を行い、身の回りの自然や文化に触れ「ふるさと館山」を再発見、再認識してもらうことを目的としています。講師(説明員)には、房総ホタルの会 代表 小林洋生氏井上健次郎氏を招き、事前学習として、講師が持参したホタルの幼虫を観察しながら、ゲンジボタルの生態、光り方などの説明を受けました。
 日が沈み参加者は絶好の鑑賞ポイントへ移動し、光りだすホタルに参加者は歓喜の声を上げ、ホタルの光に癒されました。
参加者からは、「初めて生のホタルを見ました。とても綺麗で思わず声をあげてしまいました。」や「今回、子どもを連れて初の参加でした。幻想的な世界を子どもに見せることができ、自然の素晴らしさを少しは知ってもらえたのではないかと思いました。」や「ホタルの天敵はクモと人間と聞いてビックリ!!ホタルを大事にしてあげたいと思った…」と言った様々な声が聞かれました。

次回のたてやまワクワク探検隊は、10月5日(土)、6日(日)の2日間にわたり「キャンプ入門~テントに泊まってみよう~」の野外活動を若潮ホールで開催します。 ほたる4 ほたる5 ほたる6
たてやまワクワク探検隊「ゲンジボタルを見に行こう」

概要:自然に恵まれた地域の中で親子がともに野外体験活動を行うことで、身の回りにある自然や文化、歴史について学び「ふるさと館山」の再発見、再認識を図るとともに、原体験を通じて、大勢の中で仲間意識やモラルを学ぶとともに家族間のコミュニケーションを深め、参加者同士の交流を図ることと、自然体験活動を通じて「子育て」という人生の限られた時間を親子で共有し、豊かな心と家族の絆を育む機会として開催する講座。
講師:房総ホタルの会 代表 小林 洋生 氏、井上 健次郎 氏
参加者数:42名(内、親子13組 男23名 女19名)
このページについてのお問い合わせ
館山市中央公民館事業係 住所:〒294-0045 千葉県館山市北条740-1 館山市コミュニティセンター内
電話:0470-23-3111   ファックス:0470-22-6560
E-mail:kouminkan@city.tateyama.chiba.jp

このページについてご意見をお聞かせください
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?